韓国政府が没収した「親日派財産」一部売却へ…東京ドーム135個分 独立運動家遺族らに支給

  • 2022年3月9日
  • 2022年11月21日
  • 政治

韓国資産管理公社(KAMCO)は国家報勲処から委託され、管理中の「親日帰属財産」のうち140件の土地の売却を推進すると8日明らかにした。
(参考記事:韓国政府「日本人名義の土地495万㎡を国有化(東京ドーム106個分)」「完全な土地主権と正しい歴史を後世に」

「親日帰属財産」とは、2005年に制定された「親日財産国家帰属特別法」制定により国家に帰属された財産をいう。

KAMCOが管理中の財産は計863筆地(632万7千㎡)であり、東京ドーム135個分に相当する。418億ウォン(約40億円)水準だ。
(人気記事:韓国紙「韓服もキムチも韓国のものではない…洗脳されている」「キムチは日本からの唐辛子で可能に…」

KAMCOはこのうち都市計画施設、文化財保存地域などの売却が制限された財産を除き、立地条件や開発価値などを考慮して活用度の高い財産140筆地を今回の売却推進対象に選別した。

KAMCO関係は「売却を推進する筆地は首都圏と忠清地域所在の財産がそれぞれ78筆地、40筆紙と多数を占めており、田畑など耕作地として活用可能な土地も多数含まれているため、実需要者が関心を持って見られる」と話した。

買収希望者は、不動産の形態、位置などの現状と行為制限などの詳細利用条件を事前に確認した後、問い合わせる必要がある。
(人気記事:韓国紙「日本のアニメが韓国を占領…興行1位や品切れ」 現地ネット「日本が嫌いだったが…」

売却対象の財産は国家報勲処のホームページで確認することができる。

昨年末までにKAMCOが売却した親日帰属財産は計548筆地であると集計されいている。売却資金606億ウォンは「殉国先烈・愛国知事事業基金」に納入され、日本統治期にこれに抗った独立運動家の遺族らに支給される。

一方で、親日派財産を次々と接収するも、これを売却・支給する事業は効率的に進んでおらず、事業そのものの採算が合っていないとの批判も一部では起きている。

(参考記事:学友に「親日派」と言った韓国高校生に損害賠償命令 「特定国への友好を越えた軽蔑的表現」裁判所

(参考記事:韓国地方市が「歪曲された日本式地名」2件の変更検討も、1件は地元民の反対多数で却下に

(参考記事:韓国紙「歴史問題で韓国内の日本式テーマパークに悪評」「五輪葛藤でチャイナタウンも反対殺到」