海外紙「チェルノブイリ原発で放射能流出の可能性」「露攻撃で復旧できず…現場の恐怖に火」

ウクライナの原子力発電所を運営する国営エネルゴアトム(Energoatome)は9日(現地時間)、チェルノブイリ原発で放射性物質が放出される可能性があると明らかにした。ロイター通信が報じた。
(参考記事:【速報】ロシア軍が欧州最大の原発に四方から発砲 ウクライナ外相がSNSで警報

これは、原発への電力接続が中断された後、使用後核燃料を冷却できなくなったことによるものであると、エネルゴ・アトムは説明した。
(人気記事:韓国原子力研究院「がん診断用同位元素《ジルコニウム-89》2種の国産化」発表 自動量産装置も開発

また、ロシア軍が原発を掌握した後、近隣地域で交戦が続いており、現在の復旧作業が不可能な状況だと付け加えた。

英紙ミラーによると、ロシア軍がチェルノブイリ原子力発電所を国の送電網から切り離し「現場の恐怖に火をつけた」と伝えている。

そのため「チェルノブイリ原発の電力不足は、放射性物質を空気中に放出することにもなっている」と報じている。

(参考記事:米政府「露軍が生物学研究施設を占領する可能性」「生物兵器悪用も…ウクライナに罪着せる」

(参考記事:ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開

(参考記事:英国紙「酒に酔った露軍が乱射、10歳の少女が落命する」「墓地への埋葬も妨害…」