ロシアが台湾を非友好国に指定も…なぜか台湾人が大喜び 「プーチンは悪い奴だが義理堅い」

ロシア政府が、ウクライナ侵攻で自国に制裁を課した国々をブラックリスト(非友好国)に入れたが、そこに台湾が含まれたことに、なぜか台湾人たちが大喜びしている。
(参考記事:ロシア政府が韓国を非友好国家に指定 各種制裁が予想

台湾メディアは7日、ロシアの国営タス通信を引用し、ロシアが自国に対して非友好的な国家リストを発表した中に、台湾が含まれたと伝えた。

ロシア政府が発表したブラックリストには、米国やEU諸国、日本や韓国、豪州などが挙げられたが、そこに台湾も含まれた。その際に表記された台湾の説明文が台湾人たちの心をとらえた。
(人気記事:中国紙「台湾が1,030億円で輸入した韓国製電車、わずか3カ月で漏水」 台湾人乗客「車内水浸し…腹立つ」 

台湾メディアは、タス通信が台湾を表記する際、括弧で「中国の領土とみなされるが、1949年から自己行政によって統治された」(considered a territory of China, but ruled by its own administration since 1949)と書いたと伝えた。

タス通信の表記は台湾に中国政府以外の政府が存在することを認めたのに等しいとし、台湾のネットユーザーからは台湾が中国から独立した扱いを受けたと解釈したようだ。
(人気記事:韓国紙「台湾はなぜ日本統治期に寛大なのか」「韓国では想像すらできない…二重的歴史認識」

陳柏融元立法委員(国会議員)は自身のFacebookに「台湾はもう独立したのか」とし「プーチン大統領は悪行をたくさん犯したが、ついに彼の人生で義理堅い行動をした」と指摘した。

続いて「今日、ロシア政府は台湾を独立した国家として認め、中国と明確に区分するために1949年以降、自国政府によって統治されてきたことを明確にした」とした。そして「《台湾》と表記した後、括弧の中にこのような内容は、台湾が中国と全く異なる独立した外交政策を持っていることを十分に認識していることを示している」と付け加えた。
(人気記事:【解説】ロシアに接近する韓国 狙うは「鉄道利権」と外交打開

台湾の有名マスコミである低威崇もFacebookに「プーチンが、台湾が独立したことを認めた。みんなに教えてほしい」と強調した。

ロシア側の意図は不明だが、台湾人たちの独立への切望は確かなようだ。

(参考記事:中国官営紙が脅迫?「韓国次期大統領、米国に追従すれば大きな代価払う」「両候補ともに反中表現」

(参考記事:韓国誌「台湾は日本統治を残滓と思わず」「朝鮮人を弾圧した人物、台湾では善政敷いた総督に」

(参考記事:韓国紙「台湾人の日本愛、韓国人に理解難しいのはなぜ?」「植民地清算の相違が最大要因か」