世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

世界最高レベルの狙撃兵がウクライナに義勇軍として参戦したことが分かった。
(参考記事:韓国政府、義勇兵としてウクライナ入国した元韓国軍大尉を刑事告発へ

9日(現地時間)、ニューヨークポストは「ウォリ(Wali)という名のカナダのエリート狙撃手がウクライナ戦争に参戦意思を明らかにした」とし「全世界最高のスナイパーに選ばれる人物だけにウクライナの戦力に相当な役に立つだろう」 と報じた。

この日、ニューヨークポストによると、ウォリはCBCカナダ放送とのインタビューでウクライナ戦争に参戦する自身の覚悟を伝えた。
(人気記事:ロシアが台湾を非友好国に指定も…なぜか台湾人が大喜び 「プーチンは悪い奴だが義理堅い」

ウォリは「ロシアの代わりにヨーロッパを選んだという理由だけで爆撃に遭うという、言葉にならない事態が21世紀に起きた」とし「ロシアのウクライナ侵攻を決して容認できない」と明らかにした。

続けて「戦争のニュースに触れた後、ウクライナを当然助けなければならないと考えた」とし「同僚たちとウクライナ義勇軍合流の意思を集った」と明らかにした。

ウォリはカナダのエリートロイヤル22e連隊所属で、イラクとアフガニスタンで各種任務を遂行した。また、数年前、クルド人側でイスラム国(ISIS)兵士と戦闘を行ったこともある。

ウォリは「ウクライナの兵士たちは私たちをまるで家族のように接してくれた」とし「私たちが合流することになってかなり喜んだ」と明らかにした。
(人気記事:ウクライナ軍がチュグエフを奪還 ロシア軍旅団長ら射殺

続けて「一週間前まで会社でプログラミング作業をしていたが、ここでロシア軍を殲滅するために武器を持っていることは信じられない」とし「残酷だがこれが現実であり、ウクライナを助けるために最善を尽くすだろう」と述べている。

(参考記事:英国防省「露軍がキエフ攻略にまた失敗」「ウクライナ防空網が露戦闘機を次々撃墜」

(参考記事:ウクライナ紙「対露戦の秘密兵器が送られてきた…通称ハリネズミ」「ロシアも予想不可」

(参考記事:ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」