ウクライナの爆発処理班、素手で露軍の爆弾を解体 「ペットボトルと手袋だけ」

  • 2022年3月11日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナの爆発物処理(EOD)専門家2人が、ロシア軍が撃った爆弾(不発弾)を素手で解体する瞬間が公開された。
(参考記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

10日(現地時間)、海外オンラインコミュニティなどSNSには「爆弾解体過程」というタイトルで映像が投稿された。

この映像には小さなペットボトル水瓶と手袋だけで慎重に爆発物を解体する男性2人の姿がある。
(人気記事:ウクライナ紙「対露戦の秘密兵器が送られてきた…通称ハリネズミ」「ロシアも予想不可」

中東研究所の専門家であるチャールズ・リスターは「ロシアが投下したこの爆弾は建物を破壊することができる」と爆弾の危険性を警告した。

不発弾解体の様子/SNS
続けて「しかし、ウクライナのEOD専門家たちは周囲から砲弾が落ちる音が聞こえても、両手とペットボトルで爆弾を解体している」と説明した。

(参考記事:米紙「露当局が偽情報を量産」「流血女性はブドウジュースによるもの」

(参考記事:米軍がポーランドにパトリオットミサイルを配備 「潜在的脅威に対応するため」

(参考記事:ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開