海外紙「ロシアGDPは今年マイナス15%に」「急激で前例のない緊縮、酷い景気低迷、輸入能力も急減」

ロシア経済が西側諸国の制裁により今年15%のマイナス成長になるという展望が出た。
(参考記事:米金融大手「ロシアは4月16日にデフォルト危機」「露国債はザンビア国債より信用低い」

10日(現地時間)、BBC放送、ロイター通信などによると、国際金融協会(IIF)は2022年ロシアの昨年比国内総生産(GDP)増加率が、既存予測値3%から18%ポイント低いマイナス15%になると予測した。

IIFは「西側の制裁のため、金融条件が急激で前例なく緊縮するだろう」とし「これは酷い景気低迷の信号」と説明した。
(人気記事:韓国紙「露のウクライナ侵攻で韓国防衛産業に利益」「東欧諸国が自走砲や戦車買う…」 関連企業株価も上昇

また、「戦争が激化すれば、ロシアのエネルギー不買運動がさらに起こり、ロシアの商品、サービス輸入能力が急激に落ち、景気低迷の深化につながるだろう」と見通した。

先月24日、ウクライナ侵攻後、西側はロシアに金融・経済制裁を科し、次第にその範囲を拡大している。
(人気記事:英国紙「ウクライナ大統領、暗殺危機に3度晒されていた」「ロシア情報員からの密告で防ぐ」

米政府は去る8日、ロシアのエネルギー輸入禁止措置まで行い、ロシアへの圧力を強めた。

ロシアは相次ぐ制裁の影響で物価が上昇し、ルーブル化価値が暴落し、国家破産説まで浮上している。

(参考記事:韓国紙「国家破産指標・CDSプレミアムが韓国で急上昇…日本の7倍」「ウクラ事態で他国よりリスク際立つ」

(参考記事:韓国中央銀行「韓国の信用指数、過去のどの金融危機時より悪い」「民間借金が過剰…危機に脆弱」

(参考記事:英国防省「露軍がキエフ近郊で1週間足止め…思わぬ抵抗で打撃」「プーチンは追加兵力投入か」