中国官営紙「サードは韓国の主権問題ではない」 文政権の対中融和否定する次期大統領を牽制

中国官営紙グローバルタイムズが、サード(THAAD/高高度ミサイル防衛)問題は韓国の内政と主権の問題とは考えられないと主張した。
(参考記事:中国官営紙が脅迫?「韓国次期大統領、米国に追従すれば大きな代価払う」「両候補ともに反中表現」

グローバルタイムズは、11日の社説においてサード問題を取り上げ、「中国は自国の安全保障に対する韓国の正当な懸念を尊重するが、真の安全保障は共通、包括的、協力的、持続可能でなければならない」とし「韓国は中国の戦略的安全保障利益を尊重すべきだ」と主張した。
(人気記事:韓国紙「韓服もキムチも韓国のものではない…洗脳されている」「キムチは日本からの唐辛子で可能に…」

続いて「サードを韓国の内政と主権の問題とみなすべきではない」とし「米国が望むのは東北アジアに楔(くさび)を打つこと」であると指摘した。

グローバルタイムズは、韓国次期大統領に確定した尹錫悦当選者が「3不」政策、すなわちサード追加不配置、米国ミサイル防衛システムへの不参加、日米韓軍事同盟化への不参加などを継承しないと述べていることを言及し、「中国は韓国の自主的な外交政策を尊重し、米国との同盟関係もよく知っている」としながらも「だからといって中国が韓国を尊重するのは韓米同盟のためではない」と強調した。

一方、「両国の修交後30年間、保守と進歩政権が交互に韓国を統治したが、両国関係は依然として年間交易額が3千億ドルを超えるほど発展した」とし「尹当選者も公約で韓中関係を重視するという意志を明らかにしたように、新しい政府が真の相互尊重に基づいて中国との関係を発展させることを望む」と付け加えた。
(人気記事:韓国紙「中国が歴史歪曲と批判するが、韓国もトンデモ説多く」「韓民族が中国大陸支配したと新聞も書いた」

先立って尹当選者は先月26日、中央選挙管理委員会主管2次テレビ討論会において、3不政策に言及し、「(それは)文在寅政府の立場だったから、そんな立場を維持する必要がないという考え」とし「私たちの主権事項であり、その時、その時に必要なら判断すれば良いという立場だ」と述べていた。

(参考記事:韓国大統領選有力候補が中国を牽制 「ミサイル防衛反対するなら長距離レーダーをまず撤去しろ」

(参考記事:韓国経済紙「中国はいつでも韓国の息の根を止められる」「原材料止めれば産業全体が崩壊」

(参考記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」