アシアナ航空が仁川~名古屋便を4月から再開 東京・大阪・福岡路線も増便

  • 2022年3月14日
  • 2022年11月21日
  • 通商

アシアナ航空が4月1日から仁川-名古屋便を再開する。
(参考記事:アシアナ航空、米産チェリーを大量輸送…旅客機改造した貨物専用機など投入

アシアナ航空は最近、日本の入国者数制限や入国隔離緩和の傾向を受け、名古屋路線を週1回再開し、既存の△東京△大阪△福岡路線も増便運航すると14日明らかにした。名古屋路線は2021年4月29日の運航以来、11ヶ月ぶりとなる。

仁川~名古屋便は仁川空港を午前8時30分に出発し、現地時間午前10時25分に名古屋中部空港に到着。現地時刻午前11時25分に出発し、同日午後1時30分に仁川空港に戻る日程で運航される。

(人気記事:大韓航空が21時間遅れるも乗客側が敗訴 「国際条約は国内法に優先される」ソウル地裁

日本の主要路線の運航回数も増やす。来る27日より、仁川~成田路線は週6回から毎日運航となり、仁川~大阪路線は週3回から週5回、仁川~福岡路線は週1回から週2回へとそれぞれ増便する。

アシアナ航空の関係者は「ポストコロナに備え、日本路線を拡大し、大韓民国-日本間のノービザ入国制度および自宅隔離緩和動向を綿密に注視し、追加増便運航も検討する計画」であると明らかにした。

日本が3月に入って、1日の入国制限人数を3500人から5000人に増やしたのに続き、14日からは7000人まで増やす計画だ。韓国発の渡航者でワクチン接種3次完了者は日本入国時の自宅待機期間が7日から3日になった。

(参考記事:英国がロシア飛行機を押収…制裁発表の翌日 「国籍は他国も真の所有者特定した」

(参考記事:韓国で1350万人分のヒロポン密輸を摘発 「韓国・豪州便は取締り緩い点を悪用」

(参考記事:韓国人夫婦に有罪、日本に6億円の金塊を密輸出 「韓国発搭乗者に日本の税関はゆるい点を利用」