ウクライナ政府「戦争は5月までに終わる可能性」「ロシア側の資源枯渇で」

ロシアのウクライナ侵攻による戦争が5月初めに終わる可能性があるとウクライナ政府側の分析が出た。
(参考記事:ウクライナ国防部「開戦以来、ロシア軍1万2千人死亡」「戦車303台、走行車1,036台を破壊」

オレクシ・アレストビッチ・ウクライナ大統領室顧問は14日(現地時間)「戦争はクレムリンがどれだけ多くの資源を投入するかによって決まる」とし、「遅くとも5月初めまでは平和協定を結ぶべきだと思う。おそらくもっと早く(協定を)見ることができるだろう」と現地メディアに話したとロイター通信が伝えた。5月頃にはロシアが戦争のために投入する資源が枯渇すると見ている。
(人気記事:露の元女スパイがプーチンを批判「支持しない」 父は元ソ連将軍、夫は獄死、10代でハニトラ修行

アレストビッチ顧問は、「私たちは今分かれ道に立っている。1~2週間以内に迅速に平和協定が締結され、兵力撤退などが行われることもあり、そうでなければ、例えば(ロシアと中東で協力した)シリア人を(戦争に投入させるために)投入しようとする試みもあるだろう」と話した。彼はロシアが徴集兵を一カ月間訓練し、新たに投入するという「完全に狂ったシナリオ」もあると述べた。
(人気記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」

アレストビッチ顧問は「4月中旬~末頃に合意があるだろう」とし「平和協定が交わされても、1年間は小規模軍事的衝突が続く可能性がある」と話した。ウクライナは平和交渉の条件として(ウクライナ)領土からロシア軍が完全に撤退しなければならないことを掲げている。
(人気記事:露軍戦車が装備する「鉄の檻」のような物体は何? ウクラ軍兵器対策も…ネットで嘲笑される

これまで4回行われたウクライナとロシア当局間の会談は、民間人避難を保障する人道主義的ルートの確保以外は成果を見られていない。ロイター通信は、アレストビッチ顧問はこれまでの交渉には関与していないと伝えた。

(参考記事:ロシア軍で4人目の将軍死者…ウクライナ側が遺体を公開 アフガン戦争10年と同数…苦戦物語る

(参考記事:英国防省「露軍がキエフ攻略にまた失敗」「ウクライナ防空網が露戦闘機を次々撃墜」

(参考記事:米金融大手「ロシアは4月16日にデフォルト危機」「露国債はザンビア国債より信用低い」