ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊

すでに4人の将軍が戦死しているロシア軍だが、今度はロシア版SWATとされるプーチン大統領直属の特殊部隊(スペツナズ)戦闘員7名が死亡したことが分かった。
(参考記事:ロシア軍で4人目の将軍死者…ウクライナ側が遺体を公開 アフガン戦争10年と同数…苦戦物語る

デイリーメールなど複数の外信は16日、ロシアのジェルジンスキー師団の戦闘員7名が死亡したと報じた。同紙はプーチン直属の精鋭部隊と伝えている。

今回死亡した7名は、ソ連秘密警察の創設者フェリックス・ジャルジンスキーにちなんで名付けられたジェルジンスキー師団内の「ヴィチャージ特殊目的センター」に所属するエリート部隊「マルーン・ベレー」の特殊部隊員7名である。
(人気記事:英国紙「ウクライナ大統領、暗殺危機に3度晒されていた」「ロシア情報員からの密告で防ぐ」

ロシア側はこのうち6名の追悼写真を発表したが、その後に7人目の死亡が確認されたようだ。このうち名前が公表されているのは4人だけである。

ビクトル・マクシムチュク少佐(44)は機動小銃連隊の司令官で、マリウポリ近郊での戦闘で死亡した。父親でもある彼の葬儀は、水曜日にクラスノダールで行われる予定だ。

ペンザ州の30歳の軍曹、ミハイル・ベリヤコフは、死後、ロシア政府から勇気勲章を授与された。彼も2児の父であった。彼は2月27日にウクライナで殺害されたが、他のロシア人死亡者の発表と同様、2週間ほど時間を遅らせて発表されている。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

他の2人はノボシビルスクの国家警備隊研究所を卒業したアレクセイ・ブリンコフとサマラ州出身のマキシム・プストゾボノフだ。

(参考記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

(参考記事:ロシア軍工学旅団司令官が暗殺される…ウクラ軍スナイパーか 露軍の移動・拠点構築に影響も

(参考記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」