中東有力紙「ロシアのエリート層多数、徴兵恐れ海外に出国」「勝てないのに動員される」

  • 2022年3月16日
  • 2022年11月21日
  • 政治

徴兵されウクライナに送られることを恐れて、多くのロシア人らが近隣国に逃れいているようだ。
(参考記事:ロシア軍で4人目の将軍死者…ウクライナ側が遺体を公開 アフガン戦争10年と同数…苦戦物語る

カタールの有力紙アルジャジーラは16日、ロシア人約2万5千人がグルジアやウズベキスタン、アルメニアやトルコ、そしてフィンランドなどの北欧諸国に逃れていると報じた。
(人気記事:露の元女スパイがプーチンを批判「支持しない」 父は元ソ連将軍、夫は獄死、10代でハニトラ修行

同紙は「グルジアの人々は、2008年にモスクワが自国に侵攻したロシアからの人々の流入を嫌っている」とし、「ロシア人たちは、ロシア恐怖症が蔓延し、アパートを見つけ、再出発することが困難であると話している」と伝えた。

アルジャジーラはモスクワから故国のウズベキスタンに帰国した人物が地元の人から聞いた情報として、「ここ数週間、首都タシケントや小都市の街角に数千人のロシア人が現れた」と伝えている。
(人気記事:ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」

それらロシア人の多くは質の高い専門家やリベラルなクリエイティブ層で、ウズベキスタンにはほとんど存在しない人材であるという。

同紙は、徴兵制から逃れるためにロシアを離れたモスクワ出身の29歳の人物を取り上げ、ロシア軍は勝てないがもうすぐ総動員が行われることを察知して逃れたことを伝えた。彼は、モスクワにいる家族が報復を受けることを恐れて、自分のセカンドネームを明かさなかったという。この人物は、ロシアのエリート層らが次々に出国するので、ロシアに未来はないとも述べている。
(人気記事:韓国軍事記者「自衛隊能力は韓国軍の3~4倍上回る」 予算並べど「行くほどに差が広がる」

アルジャジーラは一方で、ウズベキスタンでは、ロシアから多数のエリートが逃れてくることで、自国の経済やクリエイティブ産業に良い影響を与えることを期待する声が上がっているという。

ボランティアたちは、ロシア人の移住や定住を支援するためのオンラインネットワークを構築し、彼らを雇いたい企業に繋いでいるとのこと。

(参考記事:ウクライナ国防部「開戦以来、ロシア軍1万2千人死亡」「戦車303台、走行車1,036台を破壊」

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊

(参考記事:ウクライナ政府「ロシアが提案した非武装中立国化を拒否」