ウクライナ防空網、キエフ上空でロシア戦闘機SU25など10機破壊 空軍司令部が発表

キエフ上空でロシア軍戦闘機Su25が破壊され、Su35が撃墜されたとの情報が出ている。
(参考記事:英国防省「露軍がキエフ攻略にまた失敗」「ウクライナ防空網が露戦闘機を次々撃墜」

ウクライナ軍の最高司令官ヴァレリー・ザルジニーが17日(現地時間)Facebookで述べた。

「キエフ地域の上空で、Su25が破壊され、敵のSu35が撃墜された」と彼は伝えた。現地紙なども一斉に報じた。
(人気記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

ザルジニー司令官は、その日、ウクライナ軍がロシア軍の10以上の航空機を破壊したと報告した。

ウクライナ軍が公開したロシア軍ヘリの撃墜後様子
ウクライナ空軍司令部によると、今回、ウクライナ防空網によって破壊された航空機は、ロシアのSu30cm戦闘機3機、Su34戦闘爆撃機1機、タイプ不明の航空機1機、ヘリコプター2機、その他の戦術レベルが1機とされる。
(人気記事:ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」

さらに、陸軍の防空網は、北と南で戦闘機Su34爆撃機とKa52ヘリコプターを撃墜したと空軍司令部は伝えている。

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊

(参考記事:露軍戦車が装備する「鉄の檻」のような物体は何? ウクラ軍兵器対策も…ネットで嘲笑される

(参考記事米がウクライナに地対空ミサイル「スティンガー」を支援へ アフガン戦争で旧ソ連軍困らせた兵器:)