露モデルが遺体で発見 過去に「プーチンはサイコパス、露のためやること失敗する」

ウラジミール・プーチン大統領を「サイコパス」と非難してきたロシア人モデルが、失踪から1年後に死体として発見された。
(参考記事:露の元女スパイがプーチンを批判「支持しない」 父は元ソ連将軍、夫は獄死、10代でハニトラ修行

15日(現地時間)、複数の外信によると、モデルのグレタ・ベドラ(23)は自動車の中にあったキャリーバッグから発見された。
(人気記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」

グレタ・ベドラはロシアで活動し、プーチン大統領を批判してきた人物として知られる。

ベドラは「プーチン大統領は幼い頃に小さな体格のために多くの屈辱を経験した」とし、「こうした人々は臆病で恐ろしく、見知らぬ人を恐れる」と主張した。

続いて「(プーチンのような人々は)注意深さ、自制力、コミュニケーション不足を経験して成長していく」とし「プーチンにサイコパスやソシオパス的性向が見える」と話した。
(人気記事:在韓ウクライナ人モデルが露軍侵略に「韓国も同じ経験をしたはず」「だから応援してほしい」

グレタ・ベドラはプーチンのこのような性格的な欠陥から、「彼がロシアのためにすることは失敗するだろう」と主張した。

1年前、彼女は自身のSNSにプーチンを批判する文章を投稿した後、行方不明になった。
(人気記事:米成人モデルも反露運動に参加 「プーチンに抵抗し武器を放棄する全てのロシア兵と関係を結ぶ」

報道によると、ベドラを殺したのは、彼女の元彼氏であるドミトリー・コロビン(23)とされる。殺害容疑者となった彼は犯行を告白し、SNSで彼女が生きているかのような投稿もしたという。

彼は警察に「ベドラを殺した後遺体と共に3日間ホテルの部屋で寝た」と話した。以後ベドラの遺体をトランクに入れ1年間放置したという。

(参考記事:ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」

(参考記事:中東有力紙「ロシアのエリート層多数、徴兵恐れ海外に出国」「勝てないのに動員される」

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊