プーチンが粛清開始? ロシア最高位将軍が逮捕の情報 諜報幹部2名も

  • 2022年3月18日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウラジミール・プーチン大統領がロシア軍の上級指揮官逮捕命令を出した。
(参考記事:ロシア軍で4人目の将軍死者…ウクライナ側が遺体を公開 アフガン戦争10年と同数…苦戦物語る

英調査機関ベリンキャットのロシア首席調査官クリスト・グロジェフ氏は17日(現地時間)、自身のツイッターで、ロシア国家警備隊副司令官であるロマン・ガブリロフ将軍が連邦保安局(FSB)に逮捕されたと伝えた。

グロジェフ氏は、正確な逮捕理由は不明としつつ、「人命損失に繋がる軍事情報の漏洩容疑」や「燃料の無駄な浪費」であると述べた。
(人気記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

彼は「プーチンが今回の作戦(ウクライナ侵攻)が大きな困難にあることを認めるという点だけは明らかだ」とし「戦争中に将官を替えることは絶対にあってはならない悪い決定」と指摘した。

ユーロウィークリー(17日)によると、ガブリロフ将軍はウクライナに最初に入国した部隊の一つ「ロスグバルディア」の副長として特別作戦全体の陣頭指揮を執ったとされる。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ガブリロフ将軍は過去にプーチン大統領の警護を引き受けたFSOの司令官を務めた。また、彼が率いる部隊はウクライナで交戦し、多くの死傷者を出したことが分かったと伝えられる。

またウクライナ侵攻前に諜報作戦を担当したFSBの局長と副局長も逮捕されたことが分かった。
(人気記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」

アンドレイ・ソルダトフとイリーナ・ボロガンなどロシアの二人のジャーナリストは、FSB第5局の責任者であるセルゲイ・ベセダ大佐と副責任者アナトリー・ボリュークが腐敗と情報失敗の疑いで逮捕されたと述べている。

彼らは米シンクタンク欧州政策分析センター(CEPA)に「ついにプーチンが、自分がだまされたことに気づいたように見える」とし「同部署はプーチンが聞きたがることを報告していたと見られる」と伝えた。

テレグラフは、ウクライナ戦争が膠着状態に陥り、損失が大きくなる状況で、プーチン大統領がガブリロフ将軍を含め、上級軍事・情報指揮官に対する粛清につなげると見られると伝えた。

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊

(参考記事:ロシア軍工学旅団司令官が暗殺される…ウクラ軍スナイパーか 露軍の移動・拠点構築に影響も

(参考記事:ウクライナ政府「戦争は5月までに終わる可能性」「ロシア側の資源枯渇で」