ウクラ軍「飛んできた敵の弾道ミサイル、兵士がスティンガーで撃墜」「簡単に落とせて驚き」

ウクライナ軍がトーチカミサイル(スカラベ)を撃墜したとの情報が出ている。
(参考記事:「ウクライナ軍「ロシア軍Su34戦闘爆撃機をスティンガーで撃墜」」)

OTR-21トーチカUミサイル/ロシア軍

19日(現地時間)、ウクライナ軍は、ルガンスク地方において、「トーチカU」ミサイルシステムから発射されたミサイルを、携行地対空ミサイル「スティンガー」で撃墜したと明らかにした。
(人気記事:「韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」」)

「トーチカ(OTR21)」はソ連時代に開発されたロシア軍の自走式戦術弾道ミサイルであり、NATOのコードネームでは「SS21 スカラベ」と呼ばれる兵器だ。
(人気記事:「韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」」)

ウクライナ国防省は公式SNSにおいて 「我が国の兵士は、ポパスナ近郊で、携帯型防空システムMANPADS(スティンガー)でトーチカ-Uを撃墜した」とし、「このミサイルはスティンガーMANPADSで簡単に落とせることがわかった。戦士たちの活躍には驚かされるばかりだ」と伝えている。

撃墜したとされるトーチカミサイル/ウクライナ国防省

尚、トーチカUはウクライナ軍も保有している。他にも、旧ソ連邦諸国や東欧、一部中東諸国の軍も保有する。
(人気記事:「ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」」)

ロシア国防省は14日、ウクライナ軍が「トーチカU」を親ロ派武装集団が実効支配する東部ドネツク市に向けて発射し、民間人が死亡したと発表しているが、ウクライナ側はこれを否定している。

一方で、ウクライナ軍による今回の「トーチカミサイル撃墜」については、その真偽を疑う声もネットユーザーなどから出ている。

(参考記事:「ウクラ軍「ロシア南部軍司令官を殺害」 将軍死者5人目に」)

(参考記事:米国紙「ロシア軍戦死者数7千人、硫黄島や朝鮮戦争よりもハイペースに…」「1年続けば12万人」

(参考記事:「米がウクライナに地対空ミサイル「スティンガー」を支援へ アフガン戦争で旧ソ連軍困らせた兵器」)