ロシア軍、ウクライナの著名半導体物理学者を殺害 「世界科学界は重要人物を失った」ウクラ科学院

  • 2022年3月21日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシア軍がウクライナで有名な半導体物理学者を殺害したと米フォーブスが19日(現地時間)報道じた。
(参考記事:ウクライナ防空網、キエフ上空でロシア戦闘機SU25など10機破壊 空軍司令部が発表

ウクライナ国立科学院(NASU)は、戦争による民間人死亡者の中に65歳の物理学者バシル・ペトロビーチ・クラドコ(Petrovych Kladko)が含まれたと先週発表していた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

クラドコは高解像度のX線回折を利用した半導体研究でよく知られた学者であるとフォーブスは伝えた。クラドコは、X線回折を用いて小さくて薄い結晶材料層を詳細に観察する方法を見出した。微小サイズの半導体需要が増えているなか、クラドコの研究も重要なものだったとフォーブスは伝えた。
(人気記事:中東有力紙「ロシアのエリート層多数、徴兵恐れ海外に出国」「勝てないのに動員される」

クラドコは2004年からNASUで半導体材料とシステム構造を研究する部門を率いてきた。過去にソビエト連邦は1986年、クラドコを「ソ連の発明家」に指名した。クラドコは2007年、科学・技術分野でウクライナ国家賞を受けた。NASUは「彼の死でウクライナと世界科学界は固体物理学で重要な人物を失った」と哀悼した。
(人気記事:韓国紙「台湾人の日本愛、韓国人に理解難しいのはなぜ?」「植民地清算の相違が最大要因か」

去る13日、ロシア軍がウクライナ首都キエフの郊外都市イルピンに侵入した際にクラドコが亡くなったとフォーブスは説明した。侵攻24日間、ウクライナ民間人900人余りがロシア軍によって命を失ったと推定される。

(参考記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

(参考記事:ルガンスク知事「ロシア軍が白リン弾を投下」「ナチスも使った兵器…破壊的で醜い」

(参考記事:プーチンが粛清開始? ロシア最高位将軍が逮捕の情報 諜報幹部2名も