韓国次期大統領のクワッド加盟希望を米国が却下? 米国務省「外部との協力手続きない」

  • 2022年3月21日
  • 2022年11月21日
  • 政治

米国国務省が、ユン・ソンヨル(尹錫悦)次期韓国大統領が公約していた韓国のクワッド(QUAD)加盟にと関連して「これまでクワッドは外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と述べ、一旦拒否したとも取れる回答をしたことが分かった。
(参考記事:米司令官「韓国は《安保は米国、経済は中国》と言う…懸念される」「米韓間に亀裂を起こす」

19日(現地時間)、米国防省系メディアであるボイスオブアメリカ(VOA)によると、米国国務省の広報担当者は前日(18日)、ユン次期大統領のクワッド関連公約に対するVOAの取材に対しこのように答えた。
(人気記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」

クワッドはインド・太平洋地域で中国の影響力拡大を牽制するための性格を持つ安保協議体であり、米国・日本、インド・豪州の4カ国で構成されている。

韓国の通信社「ニュース1」は20日、この報道を取り上げ、「米国務省のこのような回答は、クワッドがまだ他の国の加盟を考慮していないという意味と解釈される」と分析した。
(人気記事:中国官営紙「サードは韓国の主権問題ではない」 文政権の対中融和否定する次期大統領を牽制

国務省の広報担当者は「米国と韓国間の同盟、強力な経済的絆関係、国民間の親密な友情はインド・太平洋地域の平和と安保、繁栄の核心軸」であるとし「米国は韓国の防衛に専念し、また、気候変動と新種コロナウイルス感染症パンデミック、サプライチェーンを含む主要なグローバル挑戦課題に対して、ユン当選人(次期大統領)と協力を深めることを期待する」と明らかにした。
(人気記事:ロシアが台湾を非友好国に指定も…なぜか台湾人が大喜び 「プーチンは悪い奴だが義理堅い」

ユン次期大統領は大統領選挙期間中、「クワッド傘下のワクチン・気候変動・新技術ワーキンググループに本格参加して機能的協力を続け、今後正式加入を模索する漸進的アプローチを追求するだろう」と公約していた。

(参考記事:韓国紙「米国はなぜクワッド招待状を韓国に送らないのか」「日本が韓国排除ロビーを公然と…」

(参考記事:米国営放送「韓国を情報同盟に入れると秘密漏れる」「神経を使わない国と共有できるか」

(参考記事:中国官営紙が脅迫?「韓国次期大統領、米国に追従すれば大きな代価払う」「両候補ともに反中表現」