露紙「ウクライナで9861名が死亡」報道を削除

ロシアの現地メディアがウクライナ戦争でロシア軍9861人が死亡したと報道したが、一日も立たずに記事を削除したと21日(現地時間)米CNNが報道した。
(参考記事:ロシア軍が65歳老人兵も招集か…除隊年齢を大幅引き上げ 戦死多数で兵力不足?

CNNによると、ロシアのタブロイド新聞「コムソモールスカヤ・プラウダ」(Komsomolskaya Pravda)は「ロシア国防省はウクライナ戦争で9861人のロシア軍死亡者を記録したと明らかにした」と報じた。
(人気記事:ウクライナ軍「ロシア軍Su34戦闘爆撃機をスティンガーで撃墜」

記事は「ウクライナ特殊作戦期間中、9861人の死亡者と1万6153人の負傷者を出した」と伝えた。

CNNがコンソモールスカヤ・プラウダのウェブサイトのHTMLコードを分析した結果、この記事は21日午前12時9分(現地時間)に公開されたことが分かった。
(人気記事:ウクラ軍「飛んできた敵の弾道ミサイル、兵士がスティンガーで撃墜」「簡単に落とせて驚き」

ところが、同日午後9時56分にロシア軍死亡者数に関する全ての内容が削除された。これは現地ソーシャルメディアなどで同報道が注目され始めた直後だとCNNは説明した。

ロシアはウクライナ侵攻による死傷者数を明確に明らかにしていない。ロシアが人命損失規模を公開したのは今月2日が最後で、計498人の軍人が戦死したと発表していた。

一方、ウクライナ外交部は1万4700人、米国とNATO関係者は3000人~1万人の間と推定している。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

コムソモールスカヤ・プラウダはこれと関連し、声明を通じて「管理者インターフェースへのアクセスがハッキングされた」と結果であると説明している。

(参考記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

(参考記事:露軍のエリート部隊「第331空挺連隊」司令官が殺害 「指揮官狙い撃ち」続けるウクラ軍

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊