露将軍5人のうち4人は狙撃手が殺害か 過去には309人殺したウクライナ女性狙撃手も

  • 2022年3月23日
  • 2022年11月21日
  • 政治

戦死したロシア軍の将軍5人のうち4人はスナイパーによるものという情報が出ている。
(参考記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

元陸軍大将でCIA局長も務めたデイヴィッド・ペトレイアス氏は22日、CNNの取材に対し、「ウクライナ人はロシア将軍5人を殺害したと主張している」と言及したうえで、「ウクライナには偉大な狙撃兵たちがいるため、ロシアの将軍が偵察を出た時、左右から彼らを狙撃させた」とし「5人のロシア将軍死者のうち4人は確かにこのように死亡した」と強調した。
(人気記事:ウクライナ軍「ロシア軍Su34戦闘爆撃機をスティンガーで撃墜」

ペトレイアス氏は「戦争で将軍たちが戦死するのは非常に珍しいことだが、ロシアの場合、最初の3週間で5人、かなり高いクラスの将官が死亡した」と説明した。

これまでウクライナで戦死したとされるロシア軍の将軍は、アンドレイ・スコベツキー第7空挺師団長兼第41連合軍副司令官(少将)とハリコフの戦闘で死んだヴィタリー・ゲラシモフ少将、アンドレイ・コレスニコフ第29軍所属少将、マリウポリの戦闘で死んだ第150自動小銃師団を指揮していたオレク・ミチャエフ中将、第8近衛隊司令官のアンドレイ・モルドヴィチェフ中将などだ。

他にも准将級の上級大佐であるアンドレイ・パリー黒海艦隊副司令官の殺害もウクライナ軍は発表しており、これを加えれば6人となる。
(人気記事:露軍のエリート部隊「第331空挺連隊」司令官が殺害 「指揮官狙い撃ち」続けるウクラ軍

ウクライナは史上最高のスナイパーとされるリュドミラ・パヴリチェンコを排出した国だ。彼女は第二次大戦時、セバストーポリ攻防戦など10ヶ月間で敵のスナイパー36人を含むドイツ軍309人を射殺した。(ソ連邦英雄・少佐)

ゼレンスキー・ウクライナ大統領は自国にロシア将校を狙う軍事情報チームがあると明らかにしている。ウクライナは自軍がロシアより劣勢であることから、高位級将校を狙い撃ちすることで士気を上げる戦略をとっていると外信などは報じている。指揮官を倒すことで敵の指揮体系も混乱させることができるからだ。
(人気記事:ウクライナ防空網、キエフ上空でロシア戦闘機SU25など10機破壊 空軍司令部が発表

一方でロシア軍内では通信の機密意識に問題があることも指摘されており、指揮官が個人の携帯電話で他部隊と連絡をとったことで、ウクライナ側はその盗聴が可能となり、指揮官の居場所特定と殺害(射殺)が可能となったとの情報も外信は伝えている。

(参考記事:「ロシア軍の食糧・弾薬が残り3日分しかなく…」「防寒着なく凍傷兵士も」 西側紙報じる

(参考記事:ロシア軍工学旅団司令官が暗殺される…ウクラ軍スナイパーか 露軍の移動・拠点構築に影響も

(参考記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」