「露軍人が戦車で上司(大佐)を轢く…戦友の死傷多数に怒り」ウクラ著名記者

ロシア兵が、仲間の惨状に抗議するため、戦車で指揮官を轢いたようだ。
(参考記事:ロシア軍海兵旅団司令官をマウリポリで殺害…ウクライナ側発表 指揮官狙い撃ち続く

ロシア軍のユーリ・メドベージェフ大佐が足に重傷を負い入院しているという情報がすでに伝えられていたが、実はメドベージェフ大佐は、部下に戦車で轢かれ、両足を骨折していたことが最近分かった。

2週間前にロシア軍が公開した映像では、メドベージェフ大佐が国境を越えてベラルーシの病院に搬送される様子が映っていた。
(人気記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

当時は戦闘で負傷したものとみられていたが、ウクライナ人の著名ジャーナリストであるロマン・ツィンバリュク氏が、この映像について異なる報告をしている。

それによると、メドベージェフ大佐が部下に轢かれたのは、部隊の兵士1,500人のうち750人が負傷または死亡したことに激怒した部下がいたためだという。
(人気記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」

メドベージェフを轢いたとされる兵士がその後どうなったかは不明だ。メドベージェフ大佐は勇気勲章を授与された。

ツィンバリュク氏によると、戦車大隊の軍人が、旅団長ユーリ・メドベージェフ大佐に友人や同僚の死を告発し、戦闘中に司令官を戦車で轢き、両足を負傷させたという。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ロシアは壊滅的な損失に直面している。CNNは最近、NATO軍関係者の話として、ロシア軍は最大で1万5千人の兵士が戦死し、3万~4万人が捕虜になったとの推定値を伝えた。

(参考記事:仏メディア通訳者「露軍に捕まり拷問受けた」「鉄棒で殴打・失神・電気ショック…ICCに提訴へ」

(参考記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

(参考記事:ロシア軍のスペツナズ(特殊部隊)隊員7名が死亡…プーチン直属エリート部隊