ウクライナ軍が露大型戦車揚陸艦「オルスク」の破壊を発表 マリウポリ近郊

  • 2022年3月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

24日、ウクライナ軍はフェイスブックを通じてロシアが占領したベルジャンスク港で大型ロシアの大型船を破壊したと伝えた。
(参考記事:ロシア軍海兵旅団司令官をマウリポリで殺害…ウクライナ側発表 指揮官狙い撃ち続く

ベルダンスク港はウクライナ南東部のアゾブ海に位置し、マリウポリから南西に70km離れた場所にある。小さな海軍基地があるこの港は去る2月27日、ロシア軍によって占領されていた。
(人気記事:ウクラ軍「飛んできた敵の弾道ミサイル、兵士がスティンガーで撃墜」「簡単に落とせて驚き」

ウクライナ軍が破壊したのは370フィートのロシアのアリゲーター級の大型戦車揚陸艦「オルスク」だ。ロシア国営メディアは3日前、港で装甲車を下すオルスク号の様子を映していた。ウクライナ軍はまた、シア海軍黒海艦隊の大型揚陸艦「サラトフ」も攻撃によって大破させたと伝えた。
(人気記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

英ミラー紙は24に(現地時間)、アリゲーター級船舶は、ウクライナ軍がこれまでに攻撃した最大のロシア船であり、「ウラジーミル・プーチンの苦悩する軍隊にとって、またしても恥ずかしい敗北を意味するものである」と伝えている。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ロシアは3月2日付けの発表で500人近い兵士が死亡したと発表しているが、それ以降は死傷者を明らかにしていない。NATO軍関係者は欧米メディアに対し、ロシア軍の死者は7000〜1万5000人に上るとの推定を明らかにしている。

ウクライナ側は現段階で6人のロシア軍将軍を殺害したと主張している。ロシア側は明らかにした将軍の死者は今のところ1人だけだ。

(参考記事:「露軍人が戦車で上司(大佐)を轢く…戦友の死傷多数に怒り」ウクラ著名記者

(参考記事:ウクライナ防空網、キエフ上空でロシア戦闘機SU25など10機破壊 空軍司令部が発表

(参考記事:仏メディア通訳者「露軍に捕まり拷問受けた」「鉄棒で殴打・失神・電気ショック…ICCに提訴へ」