米国営紙「韓国のクワッド加盟、日本の外務省が《加盟国間で議論なし》と回答」 米国務省も同様回答

日本の外務省が、韓国の尹錫悦(ユン・ソンヨル)次期大統領のクワッド(QUAD)加盟公約について、クワッド内でそのような議論がないと指摘したとの報道が出ている。米国務省も先日、同様の回答をした。
(参考記事:韓国次期大統領のクワッド加盟希望を米国が却下? 米国務省「外部との協力手続きない」

米国防総省系のメディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)は25日、日本外務省は韓国のユン大統領当選者がクワッドへの加盟を推進すると公約したことに関連して「日本、米国、オーストラリア、インドの間で、これまでに、参加する国家の数を増やすことに関する具体的な議論はなかった」と明らかにしたと報じた。
(人気記事:韓国軍事記者「自衛隊能力は韓国軍の3~4倍上回る」 予算並べど「行くほどに差が広がる」

日本の外務省スポークスマンは24日、ユン次期大統領のクワッド関連公約に対するVOAの取材にこのように答え、「とにかく、日本は《自由で開放されたインド太平洋》の実現に向けた多様な構想を通じてビジョンを共有するより多くの国々との協力関係を深め続けるだろう」と説明した。

先に米国務省の広報担当者も18日、ユン次期大統領のクワッド加盟公約に関するVOAの取材に対し「これまでクワッドは外部パートナーとの協力手続きを開発していない」と述べていた。
(人気記事:プーチンが粛清開始? ロシア最高位将軍が逮捕の情報 諜報幹部2名も

ユン次期大統領は選挙期間中に、クワッドへの前進的加盟を公約していた。まずクワッド傘下のワクチン、気候変動、新技術ワーキンググループに参加し、その後に公式加盟を模索するとしていた。

文在寅(ムン・ジェイン)政権も「クワッド加盟国らと事案別の協力は模索していくことができる」と述べていたが、ユン次期大統領は正式加入も推進すると述べていた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ユン次期大統領は9日に行われた韓国大統領選挙で当選して以来、クワッド4カ国首脳全員と電話で話した。韓国時間で10日には米国と、11日には日本と、16日にはオーストラリア、17日にはインド首脳とそれぞれ通話した。

そのため韓国では、新政権が文政権と異なり、クワッドとの協力を積極的に推進するという観測が出ている。

(参考記事:韓国紙「米国はなぜクワッド招待状を韓国に送らないのか」「日本が韓国排除ロビーを公然と…」

(参考記事:韓国次期大統領の対中外交めぐり台湾で国論二分? 「知恵が足りない」「親中発言するな」

(参考記事:米国営放送「韓国を情報同盟に入れると秘密漏れる」「神経を使わない国と共有できるか」