ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

ウクライナ軍がドネツクの有名女性スナイパーを捕らえたと主張している。これまで40名が標的になったとのこと。
(参考記事:ロシア軍工学旅団司令官が暗殺される…ウクラ軍スナイパーか 露軍の移動・拠点構築に影響も

ウクライナ軍や現地紙などによると、この女性スナイパーは通称「バギーラ(黒豹)」と呼ばれるイリーナ・スタリコワだ。ウクライナ軍は25日に彼女の写真や身分証明と共に、捕獲事実を伝えた。
(人気記事:「露軍人が戦車で上司(大佐)を轢く…戦友の死傷多数に怒り」ウクラ著名記者

ウクライナ軍が発表した「バギーラ」の身分証明書

女性は現在、ウクライナ軍に拘束され、治療を受けているという。これまでウクライナ兵や民間人など、少なくとも40人の血が流れたとウクライナ側は主張している。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

現地紙などによると、バギーラはドネツク州の親ロ派武装勢力「ウクライナ人民共和国(DNR)」に所属するセルビア人スナイパーであり、2014年からDNRの「人民民兵」部隊に所属していたという。
(人気記事:ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道

ウクライナ軍が発表した「バギーラ」の身分証明書

ウクライナ側によると、戦場で負傷した彼女は仲間から置いてきぼりにされたとのこと。「私が負傷していることを知りながら、私を捨てた」と彼女自ら説明し、調査に協力すると述べたと現地紙などは伝えている。

(参考記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

(参考記事:海外紙「ロシア国防相、心臓発作説直後に姿現す」「緊張と疲労がみえた」

(参考記事:露軍のエリート部隊「第331空挺連隊」司令官が殺害 「指揮官狙い撃ち」続けるウクラ軍