「ロシアは4月4日にデフォルト」…専門家など予想

  • 2022年3月28日
  • 2022年11月21日
  • 金融

ロシアが4月4日に、22億ドルに達する国債利子及び元金を支払うことができるか関心が集まっており、支払わずにデフォルトに陥る可能性が指摘されている。
(参考記事:米金融大手「ロシアは4月16日にデフォルト危機」「露国債はザンビア国債より信用低い」

26日(現地時間)、マーケットウォッチによると、アルゼンチンのデフォルト関連国際訴訟を主導したジェイ・ニューマン元エリオット・マネジメント・ポートフォリオ・マネージャーは、「前回(16日)の利子支払いは少額に過ぎなかった」とし、「ロシアが小切手を10億ドルずつ出すことは次元が違う話だ」と明らかにした。彼はロシアが22億ドルに達する償還額を支払えないと予想した。
(人気記事:韓国紙「国家破産指標・CDSプレミアムが韓国で急上昇…日本の7倍」「ウクラ事態で他国よりリスク際立つ」

先週ロシアは1億1700万ドルの利子をドルで支払い、デフォルト危機を逃れた。しかし、ニューマンは米国の経済制裁が強力になるほどロシアは故意に利子支給などの条件を守らない「技術的デフォルト」をする可能性が高まると懸念した。
(人気記事:中立のフィリピン、露からの兵器購入(300億円)履行へ 原子力協力も継続…韓国の独占予想外れる

ニューマンは「経済制裁を受けている国が引き続き利子返済を維持するのは珍しいことだ」と述べた。ロシアは今年、合計48億ドルに達する債務を返済しなければならない。
(人気記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」

米国シンクタンク・ユーラシアグループのロバート・カンドも「ロシアの完全なデフォルトを予想している」とし「私たちがロシアを経済システムから退出させようとするのになぜロシアがお金を返済しようと思うのか」と述べている。

(参考記事:なぜロシアで避妊具の買い溜めが起きているのか? 薬局は売上急上昇…海外紙報道

(参考記事:ロシアと中国が単一通貨を導入か…ロシア国営紙報じる ベラルーシやカザフも

(参考記事:海外紙「ロシアGDPは今年マイナス15%に」「急激で前例のない緊縮、酷い景気低迷、輸入能力も急減」