ウクライナ初のキックボクシング世界王者、マリウポリで戦死 アスリート志願兵の死相次ぐ 

  • 2022年3月29日
  • 2022年11月21日
  • 政治

世界チャンピオンのウクライナ人のキックボクサーがロシア軍との戦闘中に死亡した。
(参考記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

28日(現地時刻)、デイリーメールなど外信はウクライナ・マリウポリの戦場でロシア軍と戦っていたマキシム・カガル(Maksym Kagal/30)が去る25日に死亡したと報じた。キックボクシングのコーチであるオレック・スキルタはFacebookを通じてこのことを伝え、「彼は正直で上品な人だった。兄弟よ、眠ってください。私たちが復讐する」と哀悼した。
(人気記事:中国官営紙「北京五輪での韓国の反中感情は非理性的」「西側がこれを利用し中韓離間を計っている」

カガルはウクライナの中央都市クレメンチュク出身だ。2014年ISKAキックボクシングチャンピオンシップで優勝し、ウクライナのキックボクシング史上で初の世界チャンピオンになった。ロシアのウクライナ侵攻後は、国家防衛軍所属の特殊部隊であるアゾフ連隊に合流し戦ってきたと伝えられた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

戦争勃発後、志願入隊して銃を持つも死亡したウクライナ出身のアスリートは他にもいる。今月1日にはバイアスロン国家代表出身のエブゲニ・マリシェフ(19)がハリコフでの戦闘で死亡した。同じ日に首都キエフで戦車指揮官として戦ったサッカー選手ヴィタリ・サピロ(21)も死亡している。
(人気記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

一方、この日、マリウポリがロシア軍の支配下になったという報道が出た。バディム・ボイチェンコ・マリウポリ市長はCNNのインタビューに対し、ロシア軍の砲撃で数多くの死傷者が発生しており、「すべてが私たちの権限の中にはない。残念ながら、私たちは占領軍の手の中にいる」と述べている。

(参考記事:ウクライナ工兵が橋の上で自爆しロシア軍戦車の進撃を防ぐ 韓国ネット「プーチンを罰せよ」「ウクラに勝利を」

(参考記事:チェンチェン大統領、兵がマリウポリで住宅街に無差別射撃する動画公開 「神の意思」

(参考記事:ソ連式精神で玉砕? 莫大損失も同じ攻撃10回…将軍2名死亡 「部下の死より処罰が怖い」