ゼレンスキー大統領狙った露暗殺団25人を逮捕…宇警察発表 ハンガリー国境近くで

ゼレンスキエフクライナ大統領を暗殺しようとしたロシアの試みが再び挫折したことが分かった。
(参考記事:英国紙「ウクライナ大統領、暗殺危機に3度晒されていた」「ロシア情報員からの密告で防ぐ」

去る28日(現地時間)、ウクライナメディア「ウクライナ独立情報局(UNIAN)」はロシア秘密警護局が率いる暗殺団員25人がスロバキアとハンガリー国境近くでウクライナ警察に逮捕されたと報道した。

メディアはキキエフの消息筋を通じて、ゼレンスキー大統領を殺すように命じられた男性がロシアの秘密情報局要員と共にキエフに向かうという情報を入手した。また、彼らは大統領を殺した後、ウクライナ行政府内に侵入し、妨害工作をするよう命令も受けたと伝えられた。
(人気記事:露戦車部隊の司令官が自決か…機器など盗まれ戦車多数使えず 戦車に轢かれ入院中の大佐も死亡

ゼレンスキーはこれまでSNSやオンライン上でロシアの侵攻を非難し抵抗の象徴となってきた。西側各国の国会議員に対しても演説をするなど発信力も高い。

ロシアのウクライナ侵攻が始まった後、ゼレンスキー大統領は何度も暗殺の脅威にあっていた。
(人気記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

ウクライナ国防部は数週間前からロシアの民間軍事企業(PMC)であるワグナーグループ所属のロシア傭兵たちがウクライナに入ってきたことを警告してきた。

実際、ワグナー所属のロシア傭兵たちは去る2月にもゼレンスキー大統領を暗殺するためにアフリカから入国したが、任務は失敗したと伝えられる。
(人気記事:海外紙「ロシア国防相、心臓発作説直後に姿現す」「緊張と疲労がみえた」

ウクライナ国防部情報局長はフェイスブックを通じて「ロシアの傭兵たちはゼレンスキー大統領のほかにも、デニス・シミハルウクライナ首相、ウクライナ映画作家出身のアンドリー・エルマックウクライナ大統領室長などを狙っている」と主張した。

(参考記事:露将軍5人のうち4人は狙撃手が殺害か 過去には309人殺したウクライナ女性狙撃手も

(参考記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

(参考記事:ロシア中将(第49軍司令官)が死亡か 「軍司令部を破壊」ウクライナ側発表