露軍を一喝し殺されたはずのウクライナ兵が生還…何と言った? 政府勲章授与

  • 2022年3月30日
  • 2022年11月21日
  • 政治

あるウクライナの兵士がロシア軍に発した言葉がきっかけで政府勲章を授与された。
(参考記事:露軍第200ライフル旅団の司令官(大佐)を殺害、ハリコフで戦闘中に…宇発表 旅団壊滅か

ウクライナ国防部は29日、国境守備隊員のローマン・フリボウに勲章を授与したことを明らかにした。

詳細を報じた英ガーディアンによると、ロシアのウクライナ侵攻開始当時、ウクライナ南端から48km離れた黒海上の小さな島であるズミニ島において、フリボウ隊員は他の国境守備隊員12人と共に領海を守っていた。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

この島は戦略的要衝地にあり、侵攻初日からロシア軍戦艦の標的にされた。ロシア軍は島にいるウクライナ国境守備隊員に投降を要求した。同時に、投航をしなければ砲撃すると脅した。

これに対してフリボウ隊員は無線でロシア側に対し「黙って消え失せろ」と一喝した。この交信内容は現地メディアが報道後、ソーシャルメディアを通じて世界中に拡散した。
(人気記事:ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道

ロシア軍艦は島に砲撃を加え、隊員らはすべて死亡したものと伝えられた。これにゼレンスキー・ウクライナ大統領は彼ら称えて「ウクライナの英雄」であると持ち上げた。

ところが、この度、彼らが全員生きていたことが分かった。
(人気記事:ロシアでクーデーター可能性増す プーチン後任はボルトニコフFSB長官か

ウクライナ国境守備隊は、ロシア軍に捕らえられていた彼らが、去る25日に行われた最初の捕虜交換の対象者に含まれ解放されたと伝えた。

ゼレンスキー大統領は最近行ったロシアメディアとのインタビューで「当時、島にあった国境守備隊の一部は死亡し、一部は捕虜になった」とし「彼らは私たちが捕まえたロシア軍と交換してウクライナに戻った」と説明していた。

ウクライナ国防部は、フリボウ隊員が家に帰っており、彼が勲章を受ける映像をTwitterに公開した。

(参考記事:露負傷兵ら、勲章授与も終始虚ろ 軍幹部は両足失った兵に「また歩ける」  

(参考記事:露戦車部隊の司令官が自決か…機器など盗まれ戦車多数使えず 戦車に轢かれ入院中の大佐も死亡

(参考記事:ロシア中将(第49軍司令官)が死亡か 「軍司令部を破壊」ウクライナ側発表