露軍の「キエフ近郊での軍事活動減らす」声明は欺瞞戦略? ウクラ軍や米軍分析

ウクライナ軍が首都キエフやチェルニヒウなどウクライナ北部地域で軍事活動を大幅に縮小するとしたロシア側の発表について、これを「欺瞞戦略」とする分析が出ている。
(参考記事:露軍を一喝し殺されたはずのウクライナ兵が生還…何と言った? 政府勲章授与

29日(現地時間)、ウクライナ軍総参謀部は最新情報報告を通じて「ロシア軍が実際ウクライナ北部のキーウとチェルニヒウ地域から引き続き撤退しているが、単に個別部隊の循環に過ぎない」とし、「ウクライナ軍指導部に対する欺瞞を目指す動き」であると明らかにした。
(人気記事:ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道

同報告書では、ウクライナ軍総参謀部はロシア軍がウクライナ東部地域に対する攻勢に注力するために部隊を再編成していると分析した。

米国国防省もウクライナ軍と同様の分析を出している。
(人気記事:露兵士が戦車ごとウクラ側に投降 見返りはお金と市民権とシャワー付きの部屋

ジョン・カービイー米国防総省報道官はこの日定例ブリーフィングで、「少数のロシア軍兵力がキーウから遠ざかっているが、これが真の撤収ではなく兵力再配置だと見ている」とし「キーウに対するロシア軍の脅威が終わったことを意味しない」と報告した。
(人気記事:米国営紙「韓国のクワッド加盟、日本の外務省が《加盟国間で議論なし》と回答」 米国務省も同様回答

続けて「クレムリンが突然キーウ付近で軍事攻撃を減らすという主張やすべての兵力を撤収するという報道にだまされてはならない」とし「兵力撤退を発表したこの日までもウクライナに対する空襲を続けている」と付け加えた。

(参考記事:露軍第200ライフル旅団の司令官(大佐)を殺害、ハリコフで戦闘中に…宇発表 旅団壊滅か

(参考記事:露負傷兵ら、勲章授与も終始虚ろ 軍幹部は両足失った兵に「また歩ける」  

(参考記事:露戦車部隊の司令官が自決か…機器など盗まれ戦車多数使えず 戦車に轢かれ入院中の大佐も死亡