露軍の標的にされた韓国系知事、ミサイル攻撃されるも寝坊で助かる…ミコライウ

  • 2022年3月31日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシア軍の標的リスト入っているウクライナの韓国系知事が思わぬ理由で助かったことが分かった。
(参考記事:韓国系ウクライナ人俳優、志願し露軍と交戦中に死亡 「露現地のコリア社会は分裂」研究者

高麗人(韓国系ロシア人)の子孫であるヴィタリー・キム=ミコライウ州知事は、ウクライナが侵攻された直後から、連日ロシアを嘲笑する映像をSNSに投稿して注目を集めていた。

30日(現地時間)、英タイムズによると、前日にあったロシア軍のミサイル攻撃でミコライウ州政府庁舎が大きく破壊された。少なくとも12人が死亡し、33人が負傷した。
(人気記事:ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道

ミコライウ州政府庁舎は、ウクライナ最大の港オデッサにつながる戦略的要衝地にある。

キム知事はこの日、庁舎が攻撃を受けていたときに不在だった。理由は寝坊のためだとタイムズは伝えいている。
(人気記事:なぜ欧州は韓国製ラーメンを販売禁止にするのか? 仏伊に続き独も全量リコール

キム知事はタイムズに「彼ら(ロシア軍)はビルの半分を破壊し、私の事務所も壊した」と述べた。キム知事がロシアを嘲笑する映像を撮影していたのも、同庁舎の事務室からだった。

ロシアは地上軍と戦闘機、ヘリコプター、ミサイルなどでミコライウを攻撃しているが、攻略できていない。一方でミコライウでは、数百人の民間人と兵士が亡くなり、住宅用の建物や学校、病院などが破壊された。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

ロシア軍は州政府庁舎を攻撃した後、ミコライウ市北のボズネセンスクからミコライウ市方向に進撃しようとしたが、ウクライナ軍に阻止されたことが分かった。

(参考記事:「露兵捕虜虐待」映像は捏造だった? アノニマスが露軍文書を公開「ウ軍の非道映像開発を」

(参考記事:逃亡説もあった韓国元大尉、ウクライナでの義勇軍写真を投稿 「誤解を解きたい」

(参考記事:露軍第200ライフル旅団の司令官(大佐)を殺害、ハリコフで戦闘中に…宇発表 旅団壊滅か