プーチン大統領ら幹部が露東部のシェルターに移動か 英紙報道「核使用を示唆」

ウクライナに侵攻中のロシアが核戦争に備え、プーチン大統領など政府幹部がロシア南東部のシェルターに移動したとの報道が出ている。
(参考記事:海外紙「ロシア国防相、心臓発作説直後に姿現す」「緊張と疲労がみえた」

29日(現地時間)、英ミラーなどに複数の外信よると、ロシア大統領府の最高レベルの指揮官らが使用した飛行機の移動経路を追跡した結果、プーチン大統領をはじめとするロシア首脳部が、核戦争用シェルターがある地域にすでに移動していると報じた。

ミラーによると、有力調査報道機関であるベリンキャットのクリスト・グローゼフ(Christo Grozev)首席調査官は、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防長官がモスクワから東に約1167㎞離れたウラル山脈近くの都市ウファ(Ufa)にある核シェルターにいたと指摘した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

グローゼフ調査官は「ショイグ長官の飛行機の動きを追跡した結果、ウファへの飛行が非常に頻繁だったことを発見した」とし「この地域に核バンカー(シェルター)が位置していることが多く知られているという点で、ショイグ長官の行方を予測してみることができる」と説明した。

グローゼフ調査官は、プーチン大統領については、ショイグ長官と異なる地域にあるシェルターにいるとみている。
(人気記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

彼は「クレムリン宮の首脳部が頻繁に利用する飛行機が一様にスルグト(Surgut)の近くで位置追跡装置を消すことを発見した」とし「プーチン大統領の行為については機密に付せられているだけに、他の政府エリートたちと共に(スルグトより東にある)最新式の核バンカーにいるだろう」と述べている。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

ミラーは「ロシア首脳部が核バンカーを使用しているということは、ロシアが核兵器使用オプションを検討していることを示唆するものだ」と分析している。

(参考記事:露戦車部隊の司令官が自決か…機器など盗まれ戦車多数使えず 戦車に轢かれ入院中の大佐も死亡

(参考記事:露将軍5人のうち4人は狙撃手が殺害か 過去には309人殺したウクライナ女性狙撃手も

(参考記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役