ハンガリーがウクラ難民数を70倍超に水増し?「EU支援金得るため」海外報道

ハンガリーが欧州連合(EU)のコロナ回復基金を得るため自国で保護するウクライナ難民の数を膨らませたとの疑惑が出ている。ハンガリーは現在、右派政党が政権を握っている。
(参考記事:ウクライナ政治家妻がハンガリーで捕まる 大量の現金持ち込み発覚…重量にして200キロ

英国ガーディアンは30日(現地時間)、ハンガリーの人権団体ヘルシンキ委員会は、同国オルバン政権がウクライナ難民数の操作している可能性を提起したと報じた。

同委員会側は声明で「ハンガリー政府は誤解を招く難民数値を引用し、EU基金の追加資金支援を要請している」とし「これは亡命制度における個別規定やEU法律に違反するもの」であると指摘した。
(人気記事:)

同委員会は、政府が引用したウクライナの難民数と実際に保護した人々の数には顕著な違いがあると説明した。政府側はハンガリーが自国人口(975万人=2020年)の5~6%に達する56万人以上の難民を受け入れたと広報したが、実際の臨時保護を申請したウクライナ人7,749人に過ぎないという。実に70倍以上も数を膨らませたことになる。
(人気記事:)

同委員会のマルタ・パルダビ議長は「(政府は)服店に入ってくる人の数を数えた後、それを(服を買った)顧客の数と言っているようなものだ」と説明した。

ハンガリー政府が難民数を膨らませる理由として、EUの経済回復基金を確保しようとしたという分析も出ている。先立ってハンガリーは性少数者の権利を制限する法案を通過させ、EUと人権面での摩擦を起こし、72億ユーロ(約9800億円)の経済回復基金支給が保留された状態だった。
(人気記事:)

オルバン首相はプーチン大統領との親密な関係で知られるが、ウクライナ戦争が発生すると、これらの難民を積極的に受け入れていることを表明したが、EUからの支援金を得るための計算があった可能性がある。

一方でオルバン首相は去る25日、ロシアが侵攻したウクライナへの軍事支援については「国益に反する」として拒否する方針を明らかにした。

(参考記事:ゼレンスキー大統領狙った露暗殺団25人を逮捕…宇警察発表 ハンガリー国境近くで

(参考記事:露軍の標的にされた韓国系知事、ミサイル攻撃されるも寝坊で助かる…ミコライウ

(参考記事:「露兵捕虜虐待」映像は捏造だった? アノニマスが露軍文書を公開「ウ軍の非道映像開発を」