ウクライナ民間車両が「地雷畑」の中を果敢に進む動画がバズる 順番守り次々と

ロシアの侵攻を受けたウクライナで数十個の地雷がびっしり敷かれた道路上で、車がギリギリで間を縫いながら通行している様子がソーシャルメディア(SNS)で話題だ。
(参考記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役

31日(現地時間)ニュースウィークによると、同映像はウクライナの首都キイウ(キエフ)近郊のボロディアンカで撮影された。

映像では道路の上に対戦車地雷30個余りが3車線にわたって車列に並べられていた。ロシア軍が敷設したものとみられる。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

しかし、道路を通行する現地の民間車両らは、この「地雷畑」なか、速度を減らしながらも、慎重に間を縫って進んでいく。地雷に触れれば、命を落とす危険があるにも関わらずだ。

映像に登場する最初の車が「地雷畑」を無事に通過すると、その車はなんと後ろにトレーラーまで接続していたが、何とか地雷に触れずに通過した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

車両が地雷畑を通過する間、他の車は遠く離れた場所で順番を待っていた。

トレーラーを引いて渡る強者も/Liveuamap

先月30日、Twitterに掲載されたこの映像はこの日までに視聴数約310万件を記録した。
(人気記事:韓国自動車紙「かつて日本車は破壊的で最先端だった」「今はガンダムのよう…感性より数字に」

最近、ロシア軍はハルキウを包囲しながら国際条約で禁止された対人地雷を使用した疑いを受けている。

国際人権団体ヒューマンライツウォッチ(HRW)は「世界各国はロシアがウクライナで禁止された対人地雷を使用したことを強力に糾弾しなければならない」とし「この武器は今後数年間の致命的な遺産として残るだろう」と明らかにした。

(参考記事:ウクライナが露領を報復攻撃か ヘリで油類貯蔵庫で空襲…現地知事が証言

(参考記事:露戦車部隊の司令官が自決か…機器など盗まれ戦車多数使えず 戦車に轢かれ入院中の大佐も死亡

(参考記事:チェンチェン大統領、兵がマリウポリで住宅街に無差別射撃する動画公開 「神の意思」