露軍が女性を計画的に暴行か…国際機関が調査 避妊具携帯し身を守る女性も

ロシア軍がウクライナの女性たちを集団性暴行したことが明らかになった。
(参考記事:露軍兵士「犬を食べた」「仲間が少女を暴行した」 家族との45秒通信をウクラ当局が傍受・公開

写真家であるミハイル・パリンチャクがウクライナの首都キーウ(キエフ)から20キロ離れたある高速道路で女性三人と一人の男性の遺体が毛布に覆われている様子を撮影したと英ガーディアンが3日(現地時刻)報じた。

パリンチャクによると女性たちの遺体は裸のままで放置され、身体に部分的な火傷の跡が認められるという。
(人気記事:海外紙「戦車は絶望的に時代遅れの兵器になった」「価格100分の1のウクラ軍携行弾やドローンの餌食に」

ガーディアンは、パリンチャクの写真は、ロシア軍がウクライナの占領地で民間人に対し、即決処刑、強姦、拷問を行ったという証拠だと報じた。

強姦と性暴力は戦争犯罪として国際人道法に違反する行為だ。ウクライナ検察総長と国際刑事裁判所は、これら報告された性暴力について調査を開始すると明らかにした。

31歳の女性であるアントニナ・メドベドチュクは、戦争が勃発しキーウを離れる際に手にしたのは、ハサミと避妊具だったと述べた。いずれも身を守るためだ。彼女は時間の隙間がある度、「救急箱の代わりに緊急避妊薬を探していた」と述べたとガーディアンは伝えている。

同紙によると、現地フェミニスト団体は、ロシア軍が軍事戦術としてレイプを行っており、それによって引き起こされたとトラウマが、今後ウクライナ社会全体に深刻な苦痛をもたらすことを恐れているという。
(人気記事:なぜ露軍は弱いのか? 「モスクワ大本営発のリモート指揮で現場大混乱」海外報道

ウクライナの女性が身を守る相手はロシア兵だけではないようだ。西部のヴィーンヌィツャ村では、ある女性教師が、国土防衛隊員が自分を学校図書館に引きずり込み強姦しようとしたと警察に通報し、その男は逮捕された。

(参考記事:宇民間人、毒ケーキで露兵30名を死傷させる 宇公務員は露兵10名を昇降機に幽閉

(参考記事:露軍が少数民族兵を「弾避け」に利用か 「目の青い兵に比べ彼らの死は関心持たれない」海外報道

(参考記事:露軍最精鋭・第331空挺連隊で戦死者続出、指揮官以下39名死亡…海外報道