露軍サマラ憲兵隊司令官が戦死 「スターリングラード」で7代続く軍人家出身…現地紙

  • 2022年4月5日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ヴォルゴグラード(旧スターリングラード)出身のロシア軍中佐が戦死した。帝政ロシア時代から親子7代にわたり軍人を務めた家系の人物だ。
(参考記事:露軍最精鋭・第331空挺連隊で戦死者続出、指揮官以下39名死亡…海外報道

ヴォルゴグラードノート紙は4日(現地時間)、軍司令官でヴォルゴグラード出身のゲオルギー・ペトルニン中佐(48)が3月末にウクライナで特殊作戦中に死亡したと報じた。

ヴォルゴグラード紙の当該記事キャプション

ウクライナ軍将校のアナトリー・ステファン氏もテレグラムで同事実を共有し、ペトニルン中佐をサマラ憲兵隊司令官であると伝えている。
(人気記事:露将軍5人のうち4人は狙撃手が殺害か 過去には309人殺したウクライナ女性狙撃手も

ヴォルゴグラードノート紙、ペトルニン家は7代にわたって祖国に仕えたヴォルゴグラード地方のコサックであり、ロシアが参戦したほとんどの戦争に参加したと伝えている。ペルトニン中佐の家族は今も同地に暮らしている。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

ヴォルゴグラードはかつてスターリングラードと呼ばれた産業都市であり、第二次大戦時にドイツ軍との間で凄惨な市街戦が繰り広げられた地として有名だ。ペルトニン中佐の身内がこの戦いに参加していたかは定かではない。
(人気記事:なぜ露軍は弱いのか? 「モスクワ大本営発のリモート指揮で現場大混乱」海外報道

同紙は「彼は、戦闘地域に赴く任務のたびに、常に最前線にいた」とし、「2017年には、シリアで数ヶ月を過ごし、彼の部隊はフメイミム空軍基地を確保した」と伝えた。

同紙はヴォルゴグラード地域出身の兵士がすでに30人以上戦死していると伝えながら、この日には28歳の狙撃手セルゲイ・ビセコフが亡くなったと伝えている。

(参考記事:露軍の最高戦闘機Su34(1機61億円)が撃墜か 宇防空網破壊を狙うも返り討ちに?

(参考記事:露軍第200ライフル旅団の司令官(大佐)を殺害、ハリコフで戦闘中に…宇発表 旅団壊滅か

(参考記事:「露軍人が戦車で上司(大佐)を轢く…戦友の死傷多数に怒り」ウクラ著名記者