「露軍がナチスの鍵十字刻み暴行後に殺人」 宇議員が写真を公開「怒りで心が麻痺する」

  • 2022年4月6日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナに侵攻したロシア軍による民間人虐殺が明らかになるなか、ウクライナの女性下院議員が、ロシアがウクライナ女性たちに犯した蛮行を告発した。
(参考記事:露軍が女性を計画的に暴行か…国際機関が調査 避妊具携帯し身を守る女性も

4日(現地時間)、デイリーメールなど外信によると、ウクライナホロス党所属の女性下院議員であるレシア・バシレンコは、自身のTwitterに「レイプと拷問を受けた後、殺された女性」というタイトルの写真を1枚共有した。

写真の中の女性の体には、第二次世界大戦当時のナチスドイツの象徴となった鍵十字が刻まれている。火傷や傷跡などで痛々しい姿だ。
(人気記事:なぜ露軍は弱いのか? 「モスクワ大本営発のリモート指揮で現場大混乱」海外報道

バシレンコ議員は「言葉に詰まる。私の心は怒りと恐怖、憎悪で麻痺した」と伝えた。

続けて「ロシアの兵士たちはウクライナ人を略奪し、レイプし、殺害する。手が縛られたまま銃で撃たれて死んだ子供たちが発見された」とし「10歳の少女も例外ではなかった。卍字状のやけどをした女性もいた」と述べた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

バシレンコ議員は「これはすべてロシアとロシアの男性が犯したこと」とし「ロシアの母親が彼らを育てた。不道徳な犯罪者たちの国だ」と指摘した。

最近、ウクライナのキーウ近郊都市であるブチャでは民間人への集団虐殺事例が明らかになった。少なくとも410人の民間人遺体が発見されたが、一部は手を後ろに縛られたまま銃で撃たれて死亡した状態だった。
(人気記事:英情報機関「露軍は予想より遥かに弱かった」「自軍航空機撃墜、武器不足、命令拒否…」

ゼレンスキー大統領は、国連安保理会議でのオンライン演説を通じて、「民間人は手榴弾の爆発で自身のアパートと家で殺された。ロシア軍は、快楽で民間人を戦車で轢き殺し、ウクライナ人の手足を切ったりした」と主張した。

続いて「女性たちは子供たちの目の前で性暴行された後に殺された。これは、ダーシュ(ISのアラビア語の略語)などの他のテロリストとは全く違わない。第二次世界大戦後、ウクライナで犯された最も恐ろしい戦争犯罪だとし、「実質的な責任追及を保障できる独立調査を即時要求する」と促した。

ロシア当局はブチャの民間人虐殺は情報操作であるとし、虐殺疑惑を否定している。

(参考記事:露軍の最高戦闘機Su35(1機61億円)が撃墜か 宇防空網破壊を狙うも返り討ちに?

(参考記事:宇民間人、毒ケーキで露兵30名を死傷させる 宇公務員は露兵10名を昇降機に幽閉

(参考記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役