「露兵士が略奪品を家に送るため、郵便局に無限に並んでいる」 宇当局が映像を共有

ウクライナの首都キーウから撤退したロシア兵士たちが戦争中に奪った略奪品を家に送る様子が公開された。
(参考記事:ロシア兵がウクライナで商店略奪か…映像が拡散 短期戦頓挫で食料不足? 銀行から金庫運ぶ様子も

去る3日、ウクライナ国防部は公式ツイッターを通じて、ベラルーシの写真家アントン・モトルコ(Anton Motolko)がYouTubeに公開した「ロシア軍人たちが配達サービスを通じてロシアに略奪品を送った」というタイトル映像を共有した。
(人気記事:露軍の最高戦闘機Su35(1機61億円)が撃墜か 宇防空網破壊を狙うも返り討ちに?

ウクライナ国防省は「判断はなく、証拠だけがあるだけだ。ベラルーシ・マズィルの郵便局のセキュリティカメラに撮られた3時間の映像だ。キーウ地域から帰ってきたばかりのロシア軍人たちがウクライナから略奪した物品を家に送るため無限に並んでいる」と伝えた。
(人気記事:英情報機関「露軍は予想より遥かに弱かった」「自軍航空機撃墜、武器不足、命令拒否…」

アントン・モトルコがYouTubeに投稿した説明によると、該当映像は去る2日に撮影されたもので、ロシアの兵士たちがテレビ、エアコン、電気スクーター、自動車バッテリーなどを自宅に送る様子が収められた。

映像の中で彼らは、ロシアの特急配送サービスを通じて略奪品を家に送るために郵便局の中と外を忙しそうに行き来している。一部の兵士は郵便物を受け取った郵便局職員の隣に立ち、伝票を細かく確認している。
(人気記事:ウクライナが露領を報復攻撃か ヘリで油類貯蔵庫で空襲…現地知事が証言

ウクライナにおけるロシア軍の略奪行為はこれまでいくつも確認されている。開戦初期にスーパーマーケットで物品を漁る姿や、銀行にある金庫を運ぼうとする姿が監視カメラに収められ、ウクライナ当局が公開した。

戦争状況を伝える民間軍事サイトが公開した、破壊されたロシア軍のトラックの写真には、洗濯機や家電、さらには子供の人形なども積まれていた。

(参考記事:アノニマス「露兵12万人の個人情報を流出させた」「すべての露兵士は戦犯裁判を受けろ」

(参考記事:宇民間人、毒ケーキで露兵30名を死傷させる 宇公務員は露兵10名を昇降機に幽閉

(参考記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役