文革再来? 中国で「無断外出で強制バリカン」の動画拡散 当局への批判噴出

中国で強力なロックダウンが行われるなか、防疫規定を破って外出した市民が強制的に丸刈りにされる映像が拡散している。
(参考記事:最悪死刑? 中国で逮捕の元EXOクリス、3~10年の懲役後に追放か…中国官営紙報じる

去る6日(現地時間)、中国オンラインコミュニティには中国山東省河澤市のある市民が強制的に丸刈りにされる映像が共有された。韓国各紙も報じた。

映像では中国防疫要員と推定される二人が、一人の男性を捕まえてバリカンで頭を強制的に刈っている。
(人気記事:韓国紙「韓服もキムチも韓国のものではない…洗脳されている」「キムチは日本からの唐辛子で可能に…」

バリカンを持つ要員らは「外出するなと言えば絶対に出てはいけない」と叫んだ。さながら、文化大革命の時代のようだ。

映像を見た後中国のネットユーザーからは「これは犯罪だ」、「人間の尊厳はどこにあるのか」などと防疫当局を非難する声が殺到したという。
(人気記事:韓国五輪代表旗手に中国人の批判殺到「小国の分際で」「泥棒コリア」…身内贔屓判定発言が原因か

しかし、中国当局は関連事実を調査中であるとし、当局の職員ではないと主張しているとのこと。

現在、中国では新型コロナウイルスの新規感染が増え続けている。4日時点で中国本土内で集計されたコロナ新規確定者数が1万6142人となり、これは武漢で感染拡大初期(2020年2月12日)の最大記録1万5152人を超えたものだ。

(参考記事:台湾紙「中国航空機墜落、遺族への補償金は1人770万円が上限…」「安すぎるとの批判」

(参考記事:中国の農産物加工場、そら豆の皮を口で剥いていた…映像公開され捜査 「包装品にも歯形が…」

(参考記事:中国紙「在ウクライナ中国人留学生が《私は日本人》で切り抜けた」「死にたくないならこの方法」