志願兵のミス・ウクライナ「露兵が暴行のため近づくなら、手榴弾で地獄に送る」

  • 2022年4月12日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシアのウクライナ侵攻後、ウクライナ軍に志願入隊した「ミス・ウクライナ」がロシア軍に性暴行される場合に備えて手榴弾を持っていると明らかにした。
(参考記事:ミス・ウクライナ女性「敵を地獄に送ろう」「侵略者に死を」 軍服姿や工作活動内容を明かす

11日、「ミス・ウクライナ」出身のアナスタシア・レナはインスタグラムを通じて、このように伝えた。レナ氏は2月にウクライナ軍に入隊して以降、自身のインスタグラムを通じてウクライナの現地状況を全世界に知らせている。

また、レナ氏はインスタグラムストーリーを通じて世界中のネットユーザーたちからの質問も受けつけている。最近、あるネットユーザーが彼女に「ロシア軍に性暴行されるかもしれないが怖くないのか」と質問した。
(人気記事:プーチン大統領が「チェゲト(核カバン)」を持参していた 極右政治家の葬儀に

最近、ウクライナではロシア軍から性暴行を受けたという被害報告や、そのような跡のあるの遺体が見つかるなど、戦争犯罪の疑惑が度々浮上している。

これに対してレナ氏は「そのような場合に備えて手榴弾を持っている」とし「ロシア軍が近づいて来てもよい。彼らは地獄で待つだろう」と答えた。
(人気記事:自国兵器に返り討ちに…宇のソ連製防空網S300が露戦闘機を次々撃墜 東欧諸国らも支援へ

他のネットユーザーが「まだ勝利があると思うか」と質問すると、彼は「勝利は近づいている」と答えた。

レナ氏は去る3日、足が切られたウクライナの少年の写真を投稿し、「これが今日のウクライナの姿だ。我々の子供たちを救ってほしい。ウクライナでの戦争を止めてほしい」と訴えた。
(人気記事:露国防長官が中朝にミサイル支援を要請か 「北は同意した…露製と互換」海外報道

レナ氏はロシアがウクライナに侵攻した2月、「侵略者に死を」「敵を地獄に送ろう」という投稿文とおもに、入隊事実を明らかにしていた。ミス・ウクライナという経歴者のこのような言動は、ネットユーザーなどから驚きを持って受け止められた。しかし「国家の顔」としての経歴は、ウクライナ軍の士気高揚に少なくない効果を与えている可能性がある。

(参考記事:韓国放送局「芸人出身のウクライナ大統領の素人政治で戦争」 同国出身モデルが猛批判「恥を知れ」

(参考記事:ウクライナ国際義勇軍に露兵も合流 「無法プーチン政権と戦う」

(参考記事:宇鉄道駅への空爆、露ドボルニコフ大将が命令か ドンバス掌握の責任者に