「モスクワ艦沈没で40人死亡、不明者多数」「多くの兵が爆発で手足失うなど負傷」露独立紙

ロシア黒海旗艦「モスクワ」艦の沈没で40人が死亡したとの主張があると英BBCが17日(現地時間)報じた。
(参考記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙

同報道によると、ロシアの独立系メディア「ノバヤガゼッタヨーロッパ」は、モスクワ艦で服務していたある海軍兵士の言葉を引用し、モスクワ艦沈没で40人ほどが死亡し、多数が行方不明になり、さらに多くの水兵たちが怪我をしたと伝えた。

この母親は「酷かった」とし「息子が私に電話してきて泣いていた」と話した。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

彼女はモスクワ艦がウクライナの領土から飛んできたミサイル三発を受けて沈没したという息子の言葉も伝えた。

続けて、息子は自分が経験したことがあまりにも酷いため、詳細な話はしないだろうが、多くの人々が爆発で手足を失うなど傷ついたと説明したとし、自分も息子の服務が終わるのを待つのが辛いと話した。
(人気記事:露軍にまたブーメラン…軍艦撃沈の宇ミサイルは旧ソ連製改良版 自らの軍事遺産に苦しむ露

ノバヤガゼッタは、証言者の保護のため、この母親や息子の名前を明らかにしなかった。ただし、ノバヤガゼッタはこの水兵がモスクワ艦に服務していることを証明できる書類を持っていると説明した。

ロシア国防部はモスクワ艦沈没に関連する死傷者情報は公開していない。モスクワ艦の沈没原因についても、火災と嵐によるものだと主張している。
(人気記事:宇対艦ミサイル「ネプチューン」2発が露艦「モスクワ」を打撃…宇側発表

一方、ウクライナ側はウクライナ軍が撃った地対艦ミサイル「ネプチューン」2発がモスクワ艦に命中して撃沈したと主張している。また、モスクワ艦の艦長アントン・クプリン大佐がミサイル命中による爆発と火災で死亡したと明らかにしている。

ロシア国防部はまた、海軍トップであるのニコライ・エフメノフ提督と他の2人の将校が海軍将兵約100人を前に演説する約30秒の動画を公開し、この将兵たちがモスクワ艦で救助された船員たちであり、彼らは引き続き海軍で服務し続けると伝えた。

(参考記事:沈没した露軍艦「モスクワ」に核兵器が載っていた可能性…宇専門家ら指摘

(参考記事:ロシア将軍がまた死亡…8人目 第八統合軍副司令官 「マリウポリ周辺に配備」外信

(参考記事:「露軍艦モスクワ号の艦長が死亡」宇発表 ミサイル命中後の爆発と火災で