モスクワ艦の沈没は中国にも衝撃か 台湾も宇と同じミサイル保有

  • 2022年4月18日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシア黒海艦隊の旗艦だったモスクワ艦が沈没した件で、ウクライナの地対艦ミサイル「ネプチューン」による撃沈説の可能性が高まっているなか、この事件は東アジア情勢にも影響を与えるとの見方が出ている。
(参考記事:「モスクワ艦沈没で40人死亡、不明者多数」「多くの兵が爆発で手足失うなど負傷」露独立紙

軍事アナリストらは、モスクワ艦の沈没がウクライナのミサイル攻撃による結果であることが判明した場合、これは東アジアの国々に大きなバタフライ効果を与えるとみている。

特に中国と台湾間への影響が大きいようだ。西側政府やシンクタンクなどは、以前から中国の台湾侵攻の可能性を強調しているが、それを思い留まらせる可能性があるという。
(人気記事:宇対艦ミサイル「ネプチューン」2発が露艦「モスクワ」を打撃…宇側発表

ランド研究所の国際防衛分野のチーフ研究員ティモシー・ヒースはCNN(15日)に対し、モスクワ号に対する空襲は、米国と中国の双方に「水上艦(surface ships)の脆弱性」を強調したと述べている。
(人気記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙

彼は、予想される(中国対米台の)衝突が発生した場合、米海軍は「水上艦」を中国本土のミサイル射程圏から遠ざけるだろうと予想した。
(人気記事:露軍にまたブーメラン…軍艦撃沈の宇ミサイルは旧ソ連製改良版 自らの軍事遺産に苦しむ露

一方、中国は、今回ウクライナがモスクワ艦撃沈に使用したと主張するネプチューンミサイルと同様の安価なミサイルを台湾が保有していることを認識することになるだろうと伝えた。

一方で、元米海軍潜水艦艦長トーマス・シュガート氏は、モスクワ艦の対空防衛システムは、より近代化された米海軍駆逐艦のイージスシステムと同じレベルにはなく、ウクライナの地艦ミサイルも中国のそれほど性能に優れていないと述べている。

(参考記事:「露軍艦モスクワ号の艦長が死亡」宇発表 ミサイル命中後の爆発と火災で

(参考記事:「中国がウクライナ政府機関に数千件のサイバー攻撃 英政府が調査」…海外報道

(参考記事:「宇女性は暴行しても良い」露軍人夫婦の身元が暴露される