プーチン大統領、ブチャ虐殺疑惑の部隊に名誉称号付与 宇政府は隊員身元公開し「必ず罰する」

プーチン・ロシア大統領が「ブチャ集団虐殺」の疑惑がある部隊に「近衛(Guard)」称号を授与した。
(参考記事:ブチャで集団虐殺主導した露指揮官、市民団体によって身元特定される…住所や電話番号など公開

18日(現地時間)、AFP通信によると、プーチン大統領は第64機械化旅団に「近衛部隊」という名誉称号を付与する大統領令に署名した。

それと共に「ウクライナ特別軍事作戦の過程で旅団の構成員が集団的な勇気・強靭さ・勇敢さなどを見せた」とし、この旅団を今後「第64近衛機械化旅団」と命名するよう指示した。
(人気記事:宇のT64戦車、単騎で露の装甲車部隊を奇襲する映像が公開 性能差を戦術で克服

プーチン大統領はまた別の大統領令を通じて、ドネツク人民共和国(DPR)とルガンスク人民共和国(LPR)で、ウクライナと接する地域で任務中に死亡した国境守備隊家族に500万ルーブル(約785万円)を支給することにした。

一方、今月初め、ロシア軍がウクライナ首都キーウをはじめとする北部戦線から退くと、ブチャなど激戦が繰り広げられたキーウ郊外都市で多数の民間人の遺体が発見された。特にロシア軍の民間人集団虐殺疑惑が提起されているブチャでは、現在まで403人の遺体が発見された。
(人気記事:露軍第1狙撃師団指揮官が戦死 侵攻後40人目の上級将校死亡者に

第64機械化旅団は先月末にブチャ市を占領した部隊だ。ウクライナ軍は該当部隊が民間人虐殺など戦争犯罪を行ったと主張している。

ウクライナ国防部は今月初め、戦争犯罪の疑いを受ける兵士の名前と階級・パスポートなど詳細人的事項を公開し、「必ず処罰する」と公言した。
(人気記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール

アナトリー・ペドルク・ブチャ市長も12日、「現在までロシア軍に殺害されたと思われる遺体403体を発見した」と明らかにした。この中には手を後ろに縛られたまま後頭部に重傷を受けた遺体もあり、50体が一度に埋められた集団埋葬も確認されたという。

しかしロシア側は全面否認している。

(参考記事:「宇女性は暴行しても良い」露軍人夫婦の身元が暴露される

(参考記事:ロシア将軍がまた死亡…8人目 第八統合軍副司令官 「マリウポリ周辺に配備」外信

(参考記事:「露軍艦モスクワ号の艦長が死亡」宇発表 ミサイル命中後の爆発と火災で