露軍が宇東部に非正規軍を集中投下か 過去に火炙りや斬首…戦争凄惨化の可能性

  • 2022年4月20日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシアがチェチェン軍やワーグナーグループなど外部武装団体をウクライナ南東部と東部に集結させたと外信が報じた。これにより専門家たちは今回の戦争がより残酷になると主張した。
(参考記事:露がネオナチ準軍事組織「ルシッチ」を宇東部に投入か 捕虜を拷問の過去

18日(現地時刻)、英タイムズなど外信によると、残酷で悪名高いワーグナーグループがウクライナ東部戦線に集結した。ワーグナーグループは私設の傭兵企業であり、代表のエブゲニ・フリーゴジンはプーチン大統領の最側近として知られる。

外信はフリーゴージンがウクライナ東部ドンバスに到着したと伝え、これはクレムリン宮からドンバス活動を監視するよう指示を受けて移動したと伝えられた。
(人気記事:露揚陸艦「シーザー・クニコフ」司令官が死亡 ミサイル被弾した黒海艦隊の一隻

ワーグナーグループは、2014年にウクライナのドンバス地域で親ロシアの分離独立主義勢力を支援するなかで名が知られるようになった。

最近、国連は報告書を通じて、ワーグナーグループがマリで30人余りを山で燃やしたという疑惑を提起した。去る2019年には脱走したシリア兵を斬首する映像を公開するなどしている。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

ワーグナーグループ以外にも、ロシア連邦チェチェン自治共和国の戦闘員もロシア南部マリウポリの戦闘に大挙投入されたと伝えられた。チェチェン軍は市街戦に堪能で、残酷であるとされる。

チェチェン共和国の首長ラムザン・カディロフは先月、マリウポリにいる自国部隊員を励ますため直接訪問し、「マリウポリの90~95%ほど解放された」と明らかにした。
(人気記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙

他にもシリア出身傭兵たちもドンバス地域に大挙移動中であると伝えられた。

専門家たちは正規軍ではない外部武装団体が参加する場合、統制が効かずに戦争自体が残酷になる可能性があると警告している。

(参考記事:チェンチェン大統領、兵がマリウポリで住宅街に無差別射撃する動画公開 「神の意思」

(参考記事:露軍参戦の南オセチア軍300名が離脱 「初の集団反逆に」海外報道

(参考記事:ウクライナ国際義勇軍に露兵も合流 「無法プーチン政権と戦う」