「モスクワ艦撃沈の数時間前に米の最先端哨戒機が黒海を偵察」英紙報道

  • 2022年4月20日
  • 2022年11月21日
  • 政治

去る13日午後、ロシアの黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」艦が撃沈される数時間前に、米海軍の最先端海上哨戒機である「P-8ポセイドン」が黒海沿岸をパトロールしていたと英タイムズが20日報じた。
(参考記事:宇対艦ミサイル「ネプチューン」2発が露艦「モスクワ」を打撃…宇側発表

P-8哨戒機は、半径100マイル(160キロ)以上の海上で活動中の船舶と潜水艦を追跡する先端装備を備えている。タイムズは「撃沈当日、ウクライナ軍にロシア軍の動向に関する機密情報を提供するP-8の航路100マイル以内にモスクワ艦があった」と報じた。
(人気記事:Twitter社が突如ウクライナ軍のアカウントを凍結…ポリシー違反で 露の「集団通報」見方も

タイムズによると、各種航空機の航路をリアルタイム追跡する「フライトレーダー(Flight Radar)24」によると、米海軍哨戒機P-8ポセイドンは13日午後にイタリアシチリア島のシゴネラ米海軍飛行場から離陸した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

しかし黒海の海岸線に到達する前に、ポセイドンはトラッカーをオフにしたため、オンラインで追跡できなくなった。タイムズはこの頃すでにP-8は撃沈されたモスクワ艦が発見された位置から160キロ以内にいたと伝えた。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

P-8再びフラトレーダーに戻るまでの3時間の間に、モスクワ艦をはじめとするロシア黒海艦隊の最新海上位置情報を収集して、ウクライナ軍に伝達しただろうというのがタイムズの見方だ。

1機当たり価格が3億300万ポンド(約550億円)とされるP-8は、米国が保有する最先端の潜水艦・戦艦追跡偵察機だ。タイムズは「P-8の偵察能力は秘密だが、220マイル(約350㎞)以上離れたところでも四方100m間隔で位置追跡指導を作成できる」と説明している。

米海軍はウクライナ軍にモスクワ艦撃沈に必要な正確な位置情報を与えたかどうかの質問に回答を拒否したという。

(参考記事:「露軍艦モスクワ号の艦長が死亡」宇発表 ミサイル命中後の爆発と火災で

(参考記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙

(参考記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表