モスクワ近郊の露国防省研究所で大規模火災…7人死亡

ロシアのモスクワ近郊にある国防省傘下の研究所で大規模火災が起こり多数の死傷者が発生した。
(参考記事:英歴史学者「露モスクワ艦の沈没は日露戦争を連想」「兵力劣る相手に屈辱の類似点」

ロシアのタス通信などによると、現地時間21日午前11時頃、ロシア北西部トベリ地域で空軍研究施設に火災が発生した。

この火災で少なくとも7人が死亡し、25人余りが怪我をした。少なくとも10人が行方不明になっているという。同研究所の1千平方メートルで火が広がったようだ。
(人気記事:「モスクワ艦撃沈の数時間前に米の最先端哨戒機が黒海を偵察」英紙報道

火災は、ロシア国防省の下で運営されている航空宇宙防衛軍の中央研究所の管理棟で発生したという。火災すぐに建物の上の3階を飲み込み、内部の人々を窓から飛び出させ、屋根を陥没させたと伝えられる。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

研究所側は現在、正確な火災原因を調査していると述べた。
(人気記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙

この日の火災はロシア軍がウクライナ南部の戦略的要衝地マリウポリを占領したと宣言するなど戦争が激化する中で発生した。

(参考記事:露の残虐傭兵部隊8千人のうち3千人がすでに殺害か…英調査団体 「殺人快楽者が10~15%」

(参考記事:ロシアで韓国文化行事が開催へ 韓国政府系機関の後援に「正気か?」「この時局に?」の声

(参考記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表