独将軍「宇に兵器支援すれば自国防衛力が脆弱に…」 宇大使「独は戦車多数…理解できない」

ドイツがウクライナへの兵器支援を躊躇するなかで、ドイツ軍の上級官僚がウクライナにこれらを支援すれば、国内の武器が不足し防衛力が弱まる可能性があると主張した。
(参考記事:モスクワ近郊の露国防省研究所で大規模火災 7人死亡、10人行方不明

20日(現地時間)、英タイムズなどによると、マルクス・ラウベンタル・ドイツ陸軍副参謀総長はこの日、ドイツ放送ZDFに出演し、「ドイツ連邦軍はウクライナが望む武器を送ることができる状況ではない」とし「(武器を支援すると、私たちの防衛能力が深刻に脆弱になることがあり、万が一の事態に備えられない可能性がある」と話した。
(人気記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表

これに先立ち、ウクライナはドイツの軍需企業レインメタルに退役した軽戦車マルダー100台を注文した。しかし、これを再整備するには数ヶ月かかり、戦車が供給される前にドンバスでの戦闘が終わる可能性がある。このためウクライナはレインメタルの武器供給準備が終わる前にドイツ軍が保有するマルダー軽戦車100台を貸すことを提案した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

しかし、オーラフ・ショルツ・ドイツ首相は前日、主要7カ国(G7)と緊急テレビ会議を終えた後、記者会見で「戦車と輸送装甲車をウクライナに送る準備ができていない」とし、これを断った状態だ。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

ラウベンタル副参謀総長の発言に対し、ドイツ駐在アンドリイ・メルニク・ウクライナ大使は、ドイツ軍兵器庫にはマルダー軽戦車が400台あるとし「ウクライナではこれ以上何も遅れないというドイツ軍の主張は理解できない」と話した。

(参考記事:露の残虐傭兵部隊8千人のうち3千人がすでに殺害か…英調査団体 「殺人快楽者が10~15%」

(参考記事:英歴史学者「露モスクワ艦の沈没は日露戦争を連想」「兵力劣る相手に屈辱の類似点」

(参考記事:露軍上級将校がまた戦死 「第6工兵隊ナガモフ大佐が作戦中に殺害」現地紙