露で黒海艦隊のオシポフ提督が逮捕 モスクワ艦沈没の容疑で…海外報道

ロシアメディアによると、黒海艦隊司令官のイゴール・オシポフ提督が、黒海艦隊の旗艦「モスクワ」を沈没させた容疑で逮捕されたと報じられている。複数の外信も報じた。
(参考記事:モスクワ艦撃沈受け露軍艦が退却か 主力を潜水艦に切り替え…海外報道

それによると、ウラジーミル・プーチン率いるロシア連邦軍最高司令部は、ミサイル巡洋艦モスクワの喪失について「誰かのせいにするために(スケープゴードを)探している」という。

国会艦隊司令官であるイゴール・オシポフ提督は逮捕され、解任もされたとのこと。
(人気記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表

また、参謀長で第一艦隊司令官代理のセルゲイ・ピンチュク副提督に対する調査も始まっていると伝えられた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

そのため、これまで副司令官を務めていたアルカディ・ロマノフ副提督が一時的に黒海艦隊の司令官に就任した。
(人気記事:露軍戦死の20%以上が将校か…空挺部隊死者多く、スペツナズ隊員も 徐々に被害隠せず

また、ロシアの報道機関は、イゴール・オシポフ提督が以前、黒海艦隊は旗艦なしでは存在できないと発言したことを指摘している。「旗艦がなければ、私は艦隊の司令官ではない」とオシポフは述べたとウクライナ紙は伝えている。

2019年5月に黒海艦隊司令官に就任したイーゴリ・オシポフは、それ以前はカスピ海艦隊の司令官と太平洋艦隊の第一副司令官を兼任していた。

これまで海軍功労勲章をはじめ多数の勲章を授与されたことが分かっている。

(参考記事:プーチン大統領に再び健康異常説 テーブル角握り離さず、足はカタカタ、曲がった姿勢

(参考記事:露の残虐傭兵部隊8千人のうち3千人がすでに殺害か…英調査団体 「殺人快楽者が10~15%」

(参考記事:「モスクワ号撃沈は痛恨…露軍は防空力喪失」「トルコが海峡封鎖で補充も不可」海外紙