米政府、露軍所属ハッカー6名を指名手配 懸賞金13億円

  • 2022年4月28日
  • 2022年11月21日
  • 政治

米国政府が自国とウクライナの主要インフラなどを狙ってサイバーテロを加えたロシア軍所属6人に対し、懸賞金1千万ドル(約13億円)をかけて公開指名手配に乗り出した。
(参考記事:「中国がウクライナ政府機関に数千件のサイバー攻撃 英政府が調査」…海外報道

米国務省は26日(現地時間)、報道資料を通じて、ロシア軍情報組織である総偵察局(GRU)所属6人の身元と位置情報を知らせれば最高1千万ドルの賞金を与えると明らかにした。
(人気記事:中国から史上最大規模の資金が流出 露支援による制裁懸念か…外信報道

国務省は「我々は、正義報酬プログラムに従って、外国政府の統制や指示でコンピュータ詐欺と乱用に関する法律に違反し、米国の主要インフラに対する悪意のあるサイバー活動に加わった人間の身元と位置を把握できる情報に補償する」と説明した。
(人気記事:プーチン大統領「露への制裁は失敗」 露中銀総裁「制裁で何も作れなくなる」

国務省によると、サーバーテロを行ったのはロシアGRU(ロシア軍参謀本部情報総局)傘下の74455部隊に所属する6人だ。ハッカーたちの間ではサンドワーム(Sandworm)、テレボット(Telebots)、ブードベアー(Voodoo Bear)、アイアンバイキング(Iron Viking)などの名前で知られている。
(人気記事:「プーチンがミサで異常行動、唇何度も噛みしめ…」「足がかなり細くなった」英紙

彼らは、2017年6月にナットペットヤ(NotPetya)という名で知られるマルウェア(悪意のあるソフトウェア)を使用して、米国と世界中の多くのコンピュータに感染させた。当時の攻撃によってペンシルベニア州ヘリテージバレー保健システム病院や大型製薬会社などがダメージを受け、10億ドル(約1270億円)の損失が発生した。

米連邦大陪審は2020年10月、これら6人をコンピュータ詐欺及び虐待、有線詐欺、コンピュータ損傷及び身分盗用などの疑いで起訴していた。

(参考記事:露国防省「西側顧問が宇軍指揮所にいる…攻撃辞さず」 英次官の「露領への攻撃も」発言に

(参考記事:「米国務長官ら列車で宇から戻る日、露が駅5カ所を爆撃」外信報道

(参考記事:「宇に英特殊部隊(SAS)がいる…」露が調査 英政府は言及避ける