露が黒海でイルカ部隊を投入か…水中攻撃に備え 北海ではクジラを

ロシアが黒海の主要海軍基地に軍事訓練を受けたイルカを投入したことが分かった。米海軍研究所(USNI)が運営する軍事専門媒体USNIニュースが衛星写真分析結果をもとに27日(現地時間)明らかにした。
(参考記事:露の残虐傭兵部隊8千人のうち3千人がすでに殺害か…英調査団体 「殺人快楽者が10~15%」

USNIニュースは、ロシアがウクライナを侵攻した2月下旬頃に黒海セヴァストポリ港海軍基地桟橋付近にイルカの織を2カ所設置したと把握されると伝えた。

同基地は黒海で最も戦略的価値の高いロシア海軍施設であることから、イルカが基地への水中侵入の試みを防ぐために投入されたと推定した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

この基地には高価な軍艦が複数台停泊しているが、基地がウクライナ軍のミサイル射程距離外にあったため、水中攻撃には脆弱な部分があるUSNIは伝えた。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

ロシアは、旧ソ連時代から黒海でイルカなど海洋哺乳類を使って敵軍の潜水夫や機雷を検知したり、海中で特定物品を回収したりするなどの作戦に活用してきた。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

従来までは、この訓練施設はセヴァストポリから10㎞ほど離れた近くの村カザチャ・ブクタで運営されていたが、最近ロシア軍がこれをセヴァストポリ海軍基地の中にも設けたという分析だ。

USNIニュースによると、カザチャ・ブクタにあったイルカ訓練施設は、1991年にソ連崩壊とともにウクライナに帰属した後は大きな関心を持たれなかったという。2012年には予算不足で廃止される寸前だったとのこと。

しかし、その後、2014年にロシアがクリミア半島を強制合併してから、再び存在感が増し、最近まで拡大運営中だと伝えられた。

一方でロシアは北極海地域でもこのような海洋哺乳類の訓練プログラムを運営しており、この地域ではイルカよりも脂肪層が厚く冷たい北極海水温によく適応したベルーガ(白鯨)やアザラシが主な訓練対象になっているとUSNIニュースは伝えた。

(参考記事:「プーチンがミサで異常行動、唇何度も噛みしめ…」「足がかなり細くなった」英紙

(参考記事:宇で信じられない蛮行を行った露兵士、顔や身元が特定される 警察が逮捕

(参考記事:露が戦車2年分、航空機1年分を失う 「数年は戦争できない」英紙