「英国は200秒で消える」露国営TVが核攻撃模擬映像を公開

  • 2022年5月2日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシアが国営放送を通じて欧州の主要都市を攻撃するシミュレーション映像を公開した。
(参考記事:「肥大したプーチンの顔、心臓疾患の可能性」米紙が指摘

先月30日(現地時刻)、デイリーメールなど外信によると、該当映像はロシア国営TVであるChannel 1の番組「60分」で公開された。

同番組で司会者は、ロシアの核ミサイルが発射されれば、200秒前後でロンドン、パリ、ベルリンを攻撃できると述べた。ベルリンは106秒、パリは200秒、ロンドンは202秒かかると予想された。バルト海沿岸にあるロシアの飛び地・カリーニングラードからミサイルが発射された時を仮定したのだ。
(人気記事:露国防省「西側顧問が宇軍指揮所にいる…攻撃辞さず」 英次官の「露領への攻撃も」発言に

司会者は「ミサイルが発射されれば英国諸島はもはや存在しなくなるだろう」と話した。また他の出演者は「英国も核兵器を保有している」とし「この戦争で生き残る人はいないだろう」と話した。
(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

ロシアは世界で最も多い5977個の核弾頭を保有していると推定される。米国は5428個だ。ロシア国防省は最近、次世代大陸間弾道ミサイル「サルマト(RS-28)」の試験発射に成功したと発表した。サルマトの最大射程距離は1万8000㎞となっている。
(人気記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役

プーチン大統領は先月27日(現地時刻)、サンクトペテルブルクである演説で「万が一、外部からウクライナの状況に介入しようとしてロシアに戦略的脅威を造成する場合、対応打撃は電撃的で迅速なもの」になるとし「雷のような行動が続くだろう」と述べた。

これら一連の言動は、ウクライナを支援する欧州諸国を威嚇するためのものとみられる。

(参考記事:「露軍の司令部襲撃 シモノフ将軍と兵100人を殺害」宇発表…ハルキウ近郊

(参考記事:プーチン大統領が「チェゲト(核カバン)」を持参していた 極右政治家の葬儀に

(参考記事:露が黒海でイルカ部隊を投入か…水中攻撃に備え 北海ではクジラを