宇軍が露T-90M(6億円)をカール・グスタフ砲1発(280万円)で破壊…「スウェーデン王に感謝」

ロシアの最新型戦車が、ウクライナ軍が撃ったロケット砲一発で爆発した。
(参考記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表

13日、ウクライナ国防省は10日(現地時間)、ツイッターアカウントを通じて20秒の映像を公開し、「ハルキウ北スタリ・サルティウ近くでロシアの戦車T-90Mを破壊した」とし「戦車産業に対するロシアの誇りは、スウェーデンのロケット砲カール・グスタフによって破壊された」と伝えた。
(人気記事:露軍と宇軍の救急箱が話題に 「宇兵は仲間も救えるが、露兵は捨てて逃げた」

ドローンで撮影された映像にはロシア製戦車3~4台が移動する姿に続き、戦車一台が飛んできたミサイルによって爆発する姿が映っている。戦車はあっという間に炎上し、大きな煙が立ち上った。

英デイリーメールは「ロシアの400万ポンドの戦車が1万8千ポンドのミサイル一発で爆発した」と報じた。価格比はおよそ222対1となる。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

爆発したT-90Mはロシアの最新型戦車であり、日本円で約6億3千万円に達する。

T-90Mの性能についてロシア軍は、最新型射撃統制システムを備え、砲弾の精度と発射速度が高く、妨害電波で敵のミサイル攻撃を妨げる技術も装備されていると説明している。
(人気記事:「プーチンがミサで異常行動、唇何度も噛みしめ」「足がかなり細くなった」英紙

T-90Mを爆発させたロケット砲「カール・グスタフ」は、スウェーデンのサーブ(SAAB)社の携帯用小型ミサイルであり、価格は日本円で約280万円とされる。

ウクライナ国防総省はTwitterを通じて「スウェーデン国民と国王に感謝を表わす」と伝えている。

(人気記事:露軍、主力戦車2700台のうち4分の1を宇で喪失か 捨てられたもの多く…理由は?

(人気記事:秘密渡河作戦中の露軍がほぼ全滅か…兵力1500人死亡 宇軍「待ち伏せで一斉射撃」

(人気記事:「露が火炎放射器TOS-1ブラチーノを自軍に使用」宇軍主張 故意説も